クレジットカード・ローン審査が通らない理由|信用情報と債務整理

お兄ちゃんがクレジットカードの審査に落ちまくってるんだけど、なにが原因なのかな?
思い当たるフシがありすぎて、どれが理由だかわからないよ。

太郎くんのお兄さんはギャンブル好きで浪費癖や借金癖があるそうだね(若いころの私そっくりだ)。

カードやローン審査は信用情報機関をもとに行われる。どんな理由で審査に落ちてしまうか解説するね。

クレジットカードやローンの審査が通らない理由

債務整理のデメリットとして

・クレジットカードが持てなくなる
・金融機関のローン審査に通らなくなる

といったことが紹介されています。

【関連記事】各種債務整理のメリット・デメリット

しかし、なぜ債務整理することでこうした事態に陥ってしまうのでしょうか?

借入審査に通らなくなってしまう本当の理由についてずばり言及していきます。

審査に通らない理由は、信用情報の事故情報のせい

借入審査に通らない最大の理由は、個人信用情報機関事故情報(マイナス情報、ネガティブ情報とも)が記録されているせいです。

個人信用情報機関とは、日本に数社存在し、主にクレジット会社や信販会社が加盟していて、審査対象者の過去や現在の借り入れ状況を共有するために存在している機関です。

どの貸金業者であってもそうですが

・契約に訪れた方が一体どんな方なのか?
・過去にどういった借り入れ経緯があるのか?

といった情報を仕入れるため、個人信用情報機関に照会するのが常識的に行われています。

ここで事故情報が出てきてしまうと、対象者は「信用がない」と判断されてしまい、場合によってはそれだけで審査に落とされてしまうのです。

たとえ事故情報があっても、その他に良い属性(現在の収入や会社での地位、家族関係等々)があれば審査に通ることはありますが、それでも事故情報の有無を優先する業者が多いです。

【関連記事】ブラックリストとは?信用情報の確認方法・載る理由・消し方など

信用情報に載る期間は債務整理の種類や延滞によって異なる。

信用情報に事故情報が載る原因

ブラックリスト(信用情報)に載る手続きと載る期間

事故情報とは?

信用情報を簡単にまとめると

・過去から現在の借金やローンの返済状況
・その支払いに遅延がないかどうか
・弁護士や司法書士が介入し債務整理手続きを行っているかどうか
・裁判所から自己破産や個人再生の決定が出ていないか

といった情報が記録されています。

こうした決して良くはない情報が記載されることから、俗には「ブラックリスト」などとも呼ばれています。

とはいえ、事故情報はいつまでも記録され続けるわけではありません。

抹消期間については公表している機関とそうでない機関とがありますが、一般的には5~10年程度です。

この期間さえ経過すれば、事故情報は抹消され、借入審査に通れる可能性がぐっと高くなるというわけです。

債務整理しても、一定の年数が経てばブラックな情報は消えるってことか!

自分の信用情報を調べる方法

いちいち「抹消しました」と通知が来るわけではないため、事故情報が抹消されたかどうかは実際に借入審査に挑戦してみるか、自分で信用情報を取り寄せてみる他ありません。

個人信用情報を調べる方法は、その機関によって異なります。

もっとも加入会社の多いCICでは、窓口での直接確認だけでなく、インターネットや郵送による情報開示も行っています。

いずれも所定の申込書や本人確認書類、手数料(500~1,000円程度)が必要になりますが、自身の信用情報がどのように掲載されているかを確認できます。

多少手間ですが、過去に債務整理を経験した方や、現在の自身の情報に興味がある方は、照会してみるのも良いでしょう。こんな情報まで?と驚かれる方も多いかもしれません。

過払い請求は信用情報に影響しない

非常に勘違いされやすいのですが、個人信用情報に事故情報が記録されるのは、債務整理手続きがされた場合・支払いの滞納が起きた場合です。

過払い請求だけでは、個人情報に影響することはありません。

確かに以前までは、過払い金の有無に関わらず、弁護士や司法書士が介入したという事実を事故情報として取り扱っていましたが、これが理由で本来は正当な権利であるはずの過払い請求をためらう方が出てきてしまったため、過払い金が発生していた場合に限り、事故情報として記録されることはなくなりました。

安心して過払い金請求を行える仕組みになっていますので、不安になることはありません。

ただし、過払いになっていなかった場合や、過払い金と関係のない業者についても専門家に介入してもらった場合は、事故情報が記録されるので注意しましょう。

返済中の過払い請求だと、信用情報に影響があるの?
その人の返済状況や過払い金の額によって異なる。

例えば、A社に過払い金が100万円あってB社にも過払い金があった場合、法律家を介入させずにA社の過払い金を取り戻し、B社の借金を完済できれば信用情報に影響がない。

A社に過払い金がたくさんあっても、B社に借金が残ってしまう場合は任意整理扱いとなるので、信用情報に事故情報が載ってしまうんだ。
返済中の人が過払い請求を考えていて、信用情報に載るのが不安な時はどうすればいいの?
そういう時は、債務整理や過払い請求の無料相談をやってる法律家に相談するといい。無料相談をして、信用情報に影響がない場合のみ依頼する~なんてことも可能だよ。

信用情報に影響しないか調査したい方はこちら(過払い金の無料相談)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • ブラックリストに載るか心配

    ブラックリストに載ってしまった場合、削除してもらえるか? 延滞や債務整理をして、ブラックリスト(信用情報機関の事故情報)が掲載されてしまった場合も、5年~10年経てば削除されます。また、間違いがあった場合も信用情報機関に問い合わせれば修正してもらうことができます。3つの信用情報期間(CIC・JICC・JBA)に

  • 任意整理とクレジットカード

    任意整理とブラックリスト(信用情報)|約5年はペナルティ 任意整理をすると、残念ながらブラックリスト(信用情報機関)に任意整理を行なったことが登録され、約5年は新たな借入れをしたり、ローンを組むことができなくなります。クレジットカードの新規作成もできなくなります。

  • 任意売却しても自宅に住み続ける方法とは?

    個人民事再生とブラックリスト|10年程度、事故情報が残る 残念ながら、個人民事再生を行うと自己破産と同様に信用情報機関のブラックリストに事故情報として掲載されてしまいます。そのため約10年は新規でカードを作ったり、新たにローンを組むことができません。

  • 自己破産ができる条件と費用

    どうすれば自己破産できる?自己破産の条件(要件)と費用 自己破産が認められるための要件とは、支払不能状態であること。つまり、借金をどうしても返せない状態であると認定されれば、破産が認められます。裁判所が自己破産を申し立てた人の収入や借金の総額などを考慮して、本当に支払不能状態であるかどうかを決めます。自己破産に

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る