ナニワ金融道と過払い金|過払い金も返さなきゃ?

みなさんは、借金をテーマにしたマンガを読んだことがありますか?

闇金業者に勤める社員と、闇金を利用せざるを得なくなった、さまざまな登場人物の人間模様を描く、マンガ『闇金ウシジマくん』は大ヒットし、映画もドラマもヒットしました。

2014年には、なんと月9(フジテレビの月曜夜9時枠)で、借金や自己破産といったテーマを扱う『極悪がんぼ』が放映されました(ただ、最終回手前の10話では月9史上最低の視聴率7.6%を記録し、平均視聴率でもワースト1を記録してしまいます。筆者は毎回リアルタイムでドラマを見ていて、お話も出演者も良かったし、おもしろかったのですが、時間帯が悪かった)。

そんな『極悪がんぼ』での視聴率不振にめげず、フジテレビが10年ぶりに『ナニワ金融道』シリーズの新作ドラマを放映します。

今回のナニワ金融道は、過払い金がテーマ

naniwa-logo

2015年1月24日(土)21:00~23:10
フジテレビ『土曜プレミアム・新・ナニワ金融道』

あのナニワ金融道が今夜復活!10年ぶりの完全新作!借金まみれの女たちが続々登場!借りた金は返さ んかい!今話題の過払い金もテーマに!予測不能の大逆転劇!–フジテレビ『新・ナニワ金融道』オフィシャルHPより

そうなんです。今回は「過払い金」がテーマになっているそうなのです。

ナニワ金融道のテーマ曲は「貸した金 返せよ」というフレーズがリフレインするウルフルズの『借金大王』。おそらく、ドラマでも「過払い金と言えども、貸した金。一度契約したのだから、返してもらわないと困る~」的なアプローチをされると思うのですが、過払い金は本来、払う必要のないお金です。

※2015年1月27日更新:予想を良い方向に裏切り、ドラマでは「過払い金が発生していたから、その借金は既に完済できているんだよ~」という流れになっていました(帝国金融の人間は「黙っていよう」なんて言ってましたが、最終的に主人公が借主に過払い金があることを伝えていました)

過払い金も返済しなきゃいけないの?

過払い金とは、払いすぎた利息のことです。

2010年以前に貸金業者やカード会社でキャッシングを行った方は、法律で定められた金利を超える利息を取られていた可能性があります。

この取られすぎた利息を過払い金と呼び、過払い金は、ナニワ金融道に出てくるようなマチ金だけでなく、アコムやアイフル、プロミスなどの大手消費者金融や、オリコやエポス、セゾンカードなどのカードキャッシングでも発生していました。

過払い金は「過払い金返還請求」という簡単な手続きをすることで、今なお払い続けている借金の額を減らしたり・払いすぎたお金を現金で取り戻すことができます。

返済中の方も、完済後の方も、最後の取引から10年以上経過していなければ、過払い金返還請求を行うことができるのです。

過払い金とは?過払い金請求額の無料計算

「取られすぎた利息だからって、一度は契約したんだし、全額返済しなきゃいけないんじゃないの?」という律義で実直な方もいらっしゃるかもしれませんが、その利息は法律違反で払う必要がなかったものなのです。

もし、この記事を読んでいる方が長期間借金を返し続けているとしたら、過払い金が発生しているかもしれません。

過払い金請求に強い司法書士事務所や弁護士事務所に、ぜひ「ドラマで見たんですけど……私にも過払い金ってありますか?」という風に問い合わせてみてください。

手元に当時の契約資料が残っていなくても、あなたに過払い金があるかどうか、調べてくれますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る