ミュゼが倒産するって本当?法律家にインタビューしてきた

ミュゼが任意整理に入ったって、倒産しちゃうってこと?

お世話になってる脱毛サロンのミュゼが任意整理するってニュースを見たんだけど、それって倒産しちゃうってこと!?私もう脱毛できなくなっちゃうの?

花子ちゃん落ち着いて!任意整理をするからって、会社が倒産するとは限らないんだ。

今回は、ミュゼの倒産騒ぎの概要と任意整理に詳しい法律家へのインタビューの掲載や今後ミュゼの会員さんがどうしたらいいか?を解説していくよ。

【2017年7月19日 更新】脱毛事業が別会社に受け継がれても、ミュゼのサービスは変わらず

倒産報道から2年以上経過して2回ほど、ミュゼで脱毛してきました。ミュゼの脱毛部門は別の会社(株式会社RVH)に受け継がれましたが、昔と変わらず質のよいサービスを受けることができました。

機械が進化して施術スピードは早くなっていますし、接客も丁寧です。

一度倒産しかけたからと言って無理な営業や勧誘をされることはありません。倒産騒動を聞いてミュゼに行けずにいた方も、安心して脱毛を続けることができます!

2015年夏、ネットでミュゼ倒産の噂が流れ始めた

logo_identity_01

脱毛サロン『ミュゼプラチナム』の利用者の間で、不穏な空気が流れ始めたのは今年(2015年)8月25日のことでした。 ネットのニュースから「ミュゼが倒産するのではないか?」という噂が飛び交ったのです。

情報源は、新潮社が運営する国際情報サイト『Foresight』の記事。

「脱毛エステ最大手」ついに「経営破たん」:刑事事件に発展も

記事には、ミュゼが経営の危機をむかえており、広告代理店への未払いや資金繰りが難航していることが書かれていました。
しかし、一部ネットユーザーの中で話題になったものの、テレビのニュースなどにはなっていませんでした。

花子ちゃんはミュゼに4年通っていたので、倒産疑惑のニュースにびっくりしました。「ミュゼに通えなくなったらどうしよう」と不安です。

ミュゼが倒産したら困る

ミュゼのスタッフに直接、倒産の真相をたずねた

花子ちゃんは、倒産疑惑のニュースから数日後、9月2日にワキ脱毛とVライン脱毛の予約を取りました。

脱毛してくれたスタッフの方に「ミュゼが経営破たんするかも……というネットのニュースを見たのですが、大丈夫ですか?」と聞いてみました。

スタッフさんは笑顔で「事実無根ですので、心配しないでください」と声をかけてくれました。

しかし、この時点でミュゼが任意整理するということは決まっていたようです。

フォーサイト既報の「脱毛エステ最大手ミュゼ」が遂に「破たん」
※10月6日に出た記事。内木場さんは、ミュゼの倒産疑惑や問題を追いかけて報道し続けています

この記事で、ミュゼを経営する『ジンコーポレーション』社長の高橋仁さんが記者会見を行い「ミュゼが任意整理に入った」という事実が明らかになりました。

※ネットニュースだけでなく、日本経済新聞や朝日新聞でもミュゼの任意整理は報道されました

その後、11月6日にも花子ちゃんはミュゼに脱毛しに行きましたが、スタッフの方に同様の質問をしたところ「大丈夫ですよ」と回答をいただきました。

また、その日の脱毛は、高速脱毛機ミュゼエクスプレスを使って行われ、施術時間がさらに短くなりました。これで施術時間が短縮され「予約の取りにくさが解消される」との説明を受けました。

 

ミュゼが行う、任意整理とは?

ミュゼのような法人(会社)が行う任意整理には

  • ● 会社を再建させるもの
  • ● 会社を清算させるもの

の2種類あります。

高橋仁社長の会見によると、ミュゼは再建型の任意整理を行ったそうです。

任意整理手続きを行うと、一部の債務(借金)を免除してもらったり、返済の期日を延長してもらうことができます。

個人の借金を減額してもらう任意整理手続きはこちら

ミュゼの任意整理について、法律家にインタビューしてきた

ミュゼの任意整理について法律家に話を聞いてみた

脱毛ができなくなる恐怖に打ち震える花子ちゃんは、任意整理手続きや過払い金請求、相続対策手続きなどを行う 東京国際司法書士事務所の司法書士 鈴木敏弘さんにミュゼの任意整理についてインタビューしてきました。

Q1.「企業の任意整理」とは、どんなものですか?

企業の任意整理は、今までの契約どおりの返済が難しくなったときに、債権者である銀行等から負債の一部免除や返済期間の延長をしてもらう方法です。

ただし、企業の任意整理の場合は金額が大きくなりますので、今後の返済計画・再生計画を債権者である銀行等に認めてもらう必要があります。

任意整理は債権者が応じなければできない手続きですので、債権者がどう考えているか次第でもあります。

Q2.「企業が任意整理に入る」ということは、その企業がどんな状態だと予想されますか?

資金繰りがうまくいっていない状態で、債権者である銀行等へ契約どおりの返済が難しくなっている状態でもあります。

価格が安すぎて予約が取れないという噂も耳にしますので、会社の経営もうまくいっていなかったということになります。

Q3.「経営破たん」という言葉を使っているメディアもありますが、ミュゼが任意整理を進めるということは、会社が潰れてしまうということですか?

通常は会社を潰さないために任意整理という方法をとります。
任意整理をすることで資金繰りを改善して経営を立て直しを目指します。

もちろん、任意整理をしても資金繰りが改善されずに会社が潰れてしまう(倒産する)こともあります。

※ミュゼは2015年11月6日に「株式会社RVHとスポンサー契約を結び、事業支援や事業連携などの強いバックアップを受けることになった」とコメントを出しました

※その後、同年12月15日に株式会社RVHが「ミュゼプラチナムを完全子会社化とする本株式交換を締結した」とコメントを出しました

Q4.ミュゼの脱毛コースは、契約期間であれば残りの回数分(脱毛を受けてない分を)返金してもらえるシステムになっているのですが、ミュゼが倒産すると、この返金が受けられなくなってしまいますか?

もしもミュゼが倒産してしまったら、全額返金を受けることはまず難しいでしょう。

10月現在では解約申し込みをすれば、施術を受けていない回数分の全額を返金を受けることが可能という状況のようですが、解約申し込みが殺到すればその分資金繰りも悪くなりますので倒産に近づいてしまいます。

そのため、全額返金を受けたいのであれば早急に手続きすることが必要です。

Q5.ミュゼに関する報道で「簿外債務」という問題が出ていますが、これってどういうことでしょうか?

施術代の前払金は本来、売上に計上してはいけなかったのにミュゼは計上したため、実際の売上よりも大きくなります。これが悪い点です。

※ミュゼは、脱毛のコースにチケット制を採用していたため、まだ脱毛し終えていない費用も「チケットを買った」ということで売上に計上していました

施術を全部終わる前に解約すると返金しますが、すでに売上として計上されています。

これを修正しなければいけないのですが、売上そのものをマイナスとすることができないので、簿外債務といって債務が発生したことにして計上していたのです。

この簿外債務が大きく計算すると債務超過(プラスの資産よりも負債のほうが大きい状態)となっているので、お金を貸している銀行等が問題視しています。

司法書士の鈴木さん、ありがとうございました!

ミュゼを支援する株式会社RVHとは?

2015/11/06
スポンサー支援に関する基本合意書の締結について

rvh

株式会社RVHは、沼田英也さんが代表をつとめるグループ会社で、医療分野や産業用グラフィックス製品の開発や販売を行う『株式会社リアルビジョン』や士業向けの広告・コンサル・HP制作などを行う『株式会社リーガルビジョン』やソーシャルゲームやWeb制作を行う『株式会社スカイリンク』など多種多様な事業を持っています。

ミュゼを運営していた『株式会社ジンコーポレーション』もラーメン屋や串カツ店などの飲食業を行う『株式会社ジンコミュニケーションズ』や化粧品企画や製造販売を行う『株式会社ジンコスメティクス』などのグループ会社を所有していましたが、株式会社RVHに脱毛事業を全て引き渡すことにしました。

ミュゼのHPでは「脱毛サービスは今まで通り継続して提供してまいりますので、ご安心してご予約・ご来店ください」と書かれていますが、何かが変わってしまうか不安は残ります。

ミュゼへの不安

ミュゼへの不安は、倒産疑惑だけではありません。

  • ● 予約が取りにくい
  • ● 医師法違反の疑いがある施術

1.予約が取りにくい

花子ちゃんは、ミュゼに4年通っていますが、人気店は土日の予約が取りにくいものの、平日の夕方や日中など合間をぬえば予約が取れないということはなかったそうです。

また、ミュゼエクスプレスという高速脱毛機の導入によって全身脱毛など今まで時間がかかった脱毛もスピードも上がり、予約が取りやすくなったそうです。

2.医師法違反の疑いがある施術

ミュゼが施術を行うスタッフには、医師免許がありません。
医師免許のない人間が脱毛行為を行うのは、違法なのではないか?という声が挙がっています。

確かにミュゼのスタッフは医師免許を持っていませんが、安く丁寧に脱毛してもらえるなら、今まで自分にはトラブルも起きなかったし、続けて脱毛してもらいたいな……と思ってしまいます。

 

ミュゼは本当に倒産するのか?

ミュゼが本当に倒産するか?は、今後の事業計画と解約による返金の多さにかかっています。

一部報道では、500億円もの未払い金があるとされていますが、株式会社RVHのバックアップでどうにかなるものなのでしょうか?

ミュゼは施術も接客もいいし、働いているスタッフさんもいきいきしているので、どうか倒産しないでほしいと願っています。

2016年3月24日更新:ミュゼが全く別会社の子会社になることで、サービスやスタッフの質が変わってしまわないか不安でしたが、はじめの倒産騒動から半年経った現在もミュゼでは昔のままの心地よいサービスを受けることができます。スタッフの施術や接客は丁寧で、別のコースやオプションなどを勧誘されることはありません。

私はこれからも安心してミュゼに通い続けます。

ミュゼの解約・返金について

ミュゼの倒産疑惑報道を受けて、早くもミュゼの脱毛契約を解約する人が増えているそうです。

解約する人が増えると返金しなければならないケースが増えるので、倒産してしまう確率も高くなります。

もしもミュゼの契約を解約したい人は、以下を参考にしてください。

ミュゼでは、解約の手数料や違約金は一切かかりません。

6回や12回、18回など複数回のコースを契約している方は、脱毛した回数を差し引いた回数分の料金の返金を受けることが可能です。

ミュゼを解約し、返金を受ける方法と流れ

  • ● ミュゼのコールセンターに電話して、解約したい旨を伝えます
  • ● 契約店舗につなげてくれるので、解約手続きを行う日時を決めます
  • ● 契約店舗で解約手続きを行います(契約書と印鑑、返金先の口座番号がわかるものを持参します)
  • ● 返金手続き完了

※ただし、ミュゼのコースを解約するには、契約を行った店舗に行かなければなりません

これから当サイト(シャッキン博士と学ぶ借金解決法)では、ミュゼの進退に関わる情報を更新していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る