ギャンブルの借金でも自己破産できた体験談|裁量免責がおりた

パチンコで膨れ上がった借金を自己破産したSさんの体験談です。ギャンブルでつくった借金なんて裁判所で認められそうにないけど、どうして自己破産できたのかしら?

会社員 男性 Sさん(仮名)ギャンブルが原因の借金は、債務整理できないと思っていた

Sさん平成15年、大学生になって上京しました。

バイトも始めて、親からの仕送り8万円+バイト代7万円程度で、毎月15万円程度の収入がありました。

友達と飲みに行ったり、遊びに行ったりしてお金に困ることはありませんでした。

大学の学費まで払って、仕送り月8万円か…… ご両親に感謝しないとね。

Sさんそうなんです。それなのに、いつからか友達とパチンコに行くようになりました……。

ビギナーズラックで、最初はよく当たり、収支もプラスだったんです。学校には行かず、パチンコ屋に通うようになって収支がマイナスになっていきました。

悪い大学生あるある!

Sさん収支がマイナスでも、バイト代があったので「いつかは取り戻せる」とさらにパチンコにのめり込みました。

そんなとき、体調が悪くなってバイトを休みがちになったのですが、パチンコ屋に行くことはやめられなかったんです。

そんな……

最初の借金は、CMで見た武富士で

Sさんバイト代がなくなり、お金がどんどんなくなっていく中、当時CMが流れていた武富士に手を出してしまいました。

最初は「お金を借りるのって怖い」と思っていたのですが、書類を書いて出しただけで、すぐお金が手に入ったんです!!

こんなに簡単に、お金って手に入るのか…… と思いました。

一度借りたら癖になって、お金が無くなるたび、貯金を下ろす間隔でキャッシングを行い、借金を増やしていきました。

「大丈夫だ。パチンコで当たれば、借金だって返せる」そう思って、バイトもやめてしまいました。

目を覚まして!!

Sさんそれでも勝てず、マイナスが続き、武富士以外でもアコムやアイフルで借金を重ねました。

それぞれの貸金業者の上限金額まで借りると、次の消費者金融を探して借りる…… ということを続けていたのですが、4社目以降は、どこもお金を貸してくれなくなったんです。

完全に、自転車操業&多重債務状態ね。

大学を卒業しても、返せない借金

Sさんこのままじゃいけない…… と新しいバイトをはじめたんです。でも、体調が悪くてバイトは休みがちになりました。

なかなか収入も上がらず、月々の最低額を返済するので精一杯でした。

最低額を返済しても、元本はほとんど変わらずに残るんです。

それから大学を卒業して、なんとか就職したのですが、親からの仕送りがなくなったせいで、トータルの収入は下がってしまいました。

しかも、就職から1年後に体調を崩し、仕事をやめてしまったんです。

ついに無収入に!!

Sさん消費者金融から督促電話がかかってくるんですが、怖くてなかなか出られませんでした。

そんなとき、1通の書類が届きました。裁判所から送られてきたもので、どうやら僕が消費者金融から訴えられたようでした。

司法書士事務所で自己破産

Sさんどうしたらいいのかわからず、CMで知った「借金の整理」や「自己破産」という言葉について調べてみました。でも、自分ひとりでは対処できそうになかったので、司法書士事務所に相談したんです。

行動力があってよかった! 専門家に相談する前は、怖くなかった?

Sさん怒られるんじゃないか、悪いことをしてるんじゃないか怖かったです。

でも、相談しないと今後はもっとヤバい状態になる…… と思って、思い切って相談できました。

事務所で話を聞くと

・自己破産しても仕事には影響がない
・戸籍にも「自己破産したこと」は載らない
・借金がゼロになる

ということを教えてもらえました。

相談したことで気分がとてもラクになり、こんなことなら、もっと早く相談すればよかったと思いました。

自己破産は、想像していたよりカンタンだった

Sさん司法書士に依頼して自己破産手続きに入ると、貸金業者からの督促がなくなりました。

毎月、払えるだけの費用を司法書士事務所に払って、4か月したら自己破産の申し立てまでやってもらえました。

自己破産ってことは、裁判所に行ったのよね?

Sさんそうです。「1~2回は裁判所に行かないといけない」と言われて不安でしたが、裁判官の方と「なぜ借金が増えたのか」上京を確認されるぐらいで終わりました。

ギャンブルが原因の借金だったので、自己破産できるか不安だったのですが、一度だけの面談で手続きが終わったんです。

それは「裁量免責」だね。

自己破産を申し立てた人が誠実に見えたら、裁判官が免責を出してくれるんだ。

Sさんそうだったんですね。しばらくすると、司法書士事務所から手続き完了の書類が届きました。

本当に、もっと早く相談していればよかった。これからは、ギャンブルには一切手を出さず生活していきたいです。

Sさん、ありがとうございます!!

Sさんのようにギャンブルでできてしまった借金も、自己破産や任意整理といった債務整理をすることで、毎月の支払額を減らしたり、残債をゼロにできます。

司法書士に無料で借金の相談をしたい方はこちら↓↓

gosoudankudasai contact_btn_off

(上のボタンをクリックすると、お問い合わせフォームへ移動します。)

   

元・裁判所職員の管理人からひとこと元・裁判所職員の管理人からひとこと

Sさんは学生時代パチンコにハマり、数社から自転車操業的に借金を重ね、身体を壊して定期的な収入も見込めず自己破産をすることになったそうです。

基本的にギャンブルで膨らませた借金というものは、自己破産の免責がおりないもの(免責不許可事由にあてはまるの)ですが、自己破産には裁量免責という制度があります。

裁量免責は、自己破産を申し立てた人の反省の度合いや誠実さをチェックしながら、裁判官が自分の判断で免責決定を出す制度のことです。

「もう払えないとわかっていながら新たな借金をする」「債権者や財産について裁判所に虚偽の申請をする」など免責不許可事由にあてはまっても、自己破産が認められるケースもあるので、まずは法律家に相談してみることから始めましょう。

自己破産についてもっと知りたい方はこちら

おまけ:ギャンブルをやめられない人の特徴

1.勝っている時に負けた時の事を忘れてしまう人

2.確率や時間効率よりも、自分にないはずの「ヒキ」を優先して考える人

3.あきらかに妄想としか思えない勝っている自分を夢見てしまう人

負ける事を少なくしようと思うのなら、この逆を実行すれば自然と大負けする事は少なくなっていくと思います。

それともう一つ、とても大切な事があります。

「あまり深刻に考えない事。深刻に考えるべき事は他にいくらでもある」

パチンコパチスロといったギャンブルの本来の姿は国民の気軽な娯楽だった筈です。必死になって血走った眼で打つよりも、気軽な気分転換の手段として打った方が楽しめる事を忘れてはいないでしょうか。

博士も昔はギャンブル狂いだったけど、借金が膨れて債務整理したおかげですっかり改心してギャンブルをやめたんだ。ギャンブルでお金を増やそうなんて考えちゃいけない。まじめにコツコツ働くようになったよ。
 

LINEで「過払い金チェックや借金の相談」ができるようになりました!

下記のボタンをタップして「博士の相談室」を友だち登録すると、LINEで無料の過払い金チェックや借金の相談を受けられます。
受付時間:9:00~19:00(土日・祝も対応)時間外のメッセージは、折り返します

LINEで過払い金チェック&相談
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る