アコムへ過払い請求(完済後)体験談2件|ギャンブル、事業資金

ギャンブルでつくった借金でも、過払い金を取り戻せました

I田さん(30歳 男性)
借入額:150万円程度
発生していた過払い金:20万円程度

I田さん
私は20代前半の時に、ギャンブルにはまっていて、毎月の給料では生活も苦しいほどまでになりました。

その時に私は消費者金融のアコムから借り入れをしました。
初めは「その時の生活費だけ……」と思い借り入れをしていましたが、手軽に借り入れできるのもあって日に日に借り入れの方が増えていきました。

総額的には、150万位まで借り入れはいきましたが、このままでは駄目だと思い借り入れをした分を一生懸命働き返済(完済)しました。

完済後に過払い金請求をしたんですね。
I田さん
返済した後に、テレビや新聞などで過払い金の事を知りました。

過払い金とは、「利息制限法の定める利率を超える利率の借入れ」をした借主が、借入金の返済は終わったのに返済を続けたために払い過ぎたお金の事を言います。

個人で過払い請求すると、対応に応じない貸金業者もいるらしい

I田さん
詳しく調べると過払い金返還請求は、自分で手続きできることを知りました。

しかし、個人で請求すると借り入れの相手によってはなかなか取引履歴の全部を開示しなかったり、過払い金の返還請求には応じなかったりするので、自分でやるのは諦めました。

弁護士や司法書士に依頼すると専門家がすべて手続きを代行してくれます。
I田さん
弁護士の方に相談に行った結果

過払い金の合計が20万近くある事がわかったのでそれを取り戻す事にしました。

最初は、凄い後ろめたい気持ちがありました。

私から借りたお金で、利子を付けて返済はしたとはいえ、返済が終わってから返済分の一部を請求するのはどうかと思いました。

さらに借り入れをしているところが、消費者金融という事もあって「自分の生活に害はでないか、家族に余計な心配をかけないか不安」でした。

そのことも弁護士の先生が「過払い金の請求は、利用者の正当な権利の元での請求なのでまったく問題はない」と話してくれたので、安心して請求する事が出来ました。

I田さんは、過払い金請求(任意交渉)で過払い金を取り戻した。

続いては、交渉だけでなく訴訟まで行ってより多くの過払い金を取り戻した事例を紹介するよ。

訴訟まで行って、100万円以上の過払い金を取り戻した

山本さん(30代 男性 仮名)
借入額:300万円程度
発生していた過払い金:100万円程度

山本さん
美容関係の自営業を営んでいたころ、事業資金のために300万円アコムからお金を借りました。

本来であれば、銀行などのメインバンクを使って融資を受けたかったのですが、借金をした当時、前年に自動車やマイホーム購入の為のローン契約を交わしていた為、仕方なくアコムを利用する事になりました。

それから約3年かけて何とか全額返済することができましたが、その後、ニュースなどで問題になった過払い金請求を行うことになったのです。

その際にお世話になったのが、自宅から近い駅前に事務所を持つ司法書士の方でした。

まず、司法書士の先生を交えた上で契約書類を精査した結果、過払い金の総額は100万円程度という試算に。

その後、過払い金の返還請求を行い、約1年ほどの時間をかけ、アコムから取り戻す事ができました。

【関連記事】過払い金返還請求訴訟とは?過払い訴訟のデメリット

費用は、どのくらいかかりましたか?
山本さん
事前契約の際に伝えられていた依頼金の20%に当たる、約25万円を依頼料として支払いました。

無事に返還を受けた後、生活面では、お金を取り戻すことの苦労を再実感することができたので、以前以上にお金を大事に使うようになったという点も、生活に於ける変化の一つでした。

また、過払い金を支払ったことがありつつも、なかなか請求にまで至ることができない方や迷っている方に対しては、堂々と自信を持って請求することをお奨めしたいです。

本来、支払うはずの無い金銭ですので、取り戻すのは当然の権利ですし、全く恥じる必要はありませんから、胸を張って権利を主張してもらいたいと思います。

過払い金請求は、正当な権利です

I田さん、山本さん、お話をありがとうございました!

I田さんのように過払い請求に後ろめたさを感じたり、過払い請求をやましいことだと感じる方もいらっしゃいます。

しかし過払い金請求は、最高裁判所で認められた正当な手続きです。

「自分にも過払い金があるかも」と気になっている方は、無料の過払い金計算機でどのくらい過払い金があるか調べてみてください。

10秒でわかる過払い計算機

gosoudankudasai contact_btn_off

(上のボタンをクリックすると、お問い合わせフォームへ移動します。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る