おまとめローン後に過払い請求をして120万返ってきた!

おまとめローン後でも過払い金請求できる

今回体験談を寄稿してくれたOさんは、おまとめローンでプロミス・アコム・アイフル3社の借金をプロミス1社にまとめました。

プロミスから融資を受けてアコム・アイフルの借金を完済し、その後プロミスだけに毎月返済していく~という仕組みです。

おまとめローンをした後でも、過払い金請求をすることができます。Oさんは、120万円の過払い金を取り戻しました。

Oさん 47歳男性おまとめローンでも返せなかった借金が…

借金を最初にしたのは20代のなかばですから、もう20年ほど前のことです。
パチンコにはまって、生活費がなくなりました。それで一時的にしのぐつもりで、消費者金融から20万円を借りました。

それが融資限度額の引き上げと、そのたびに満額を借りるということをくり返しているうちに、35歳の頃には300万円にまでふくれあがりました。

そうなると利子だけでもかなりの額を支払わないといけません。
しかもそれだけだと元金が減らない。

借金は一番多い時で、総額300万円でした。プロミスアコムアイフルの3社から借りていました。

40歳の頃、このままではまずいということで、まずやったのは「おまとめローン」です。3社から借りていた借金を、プロミス1社にまとめました。これで利率は少し下がりましたが、まだ大変でした。

ダメモトで「過払い金請求」を弁護士事務所に相談

それで、ちょうどテレビなどで消費者金融の利子の取りすぎと過払い金請求が話題になっていたこともあり、僕もダメモトでそれをやってみることにしました。

僕の借金総額300万円だと司法書士さんには依頼できない額だったと思います(⇒司法書士は1社につき円まで)

それで、ネットで過払い金請求を多くやっている弁護士事務所を訪ね、依頼しました。

過払い金が120万円も戻ってきた!

結果を言いますと、8ヵ月ほどして120万円が戻り、そこから弁護士費用の21%を除いて95万円ほどが僕に支払われました。非常に嬉しかったです。

過払い金請求をしたことによるデメリットは、何もありません。
自己破産をするとブラックリストに載ったり、公的権利がいくつか無くなりますが(⇒公的権利がなくなるというわけではありませんが、一部制限される職業などがあります)

過払い金請求の方は、いわば当然の権利を行使するだけです。

強いて言えば弁護士さんに頼んだことのデメリットはあります。それは、費用がかかるということです。自分ですべてやれば費用は一切いらないわけですが、多分素人には非常に困難だと思います。

過払い金請求後の生活は…

僕の元に来たお金は、当然ながら全額返済に回しました。
元金がかなりごっそり減りましたから、次の月から利子が減る。同じ額を支払っても元金が減る……という感じで、返済が非常に楽になりました。

まだ完済はできてないのですが、あと80万円ほどになっています。すでに、完済の目処は立ったと言っていいでしょう。

過払い金請求をやる前は、ものすごく面倒な手続が必要だと思っていました。
実際にやったのは、消費者金融との契約書をある分全部集めて弁護士さんに見せ、たった一回打ち合わせするだけでした。

過払い金請求をやって本当によかったと思っています。

元・裁判所職員の管理人からひとこと元・裁判所職員の管理人からひとこと

おまとめローンをすると

・返済日が月1回になる
・金利が下がると返済総額を減らせる場合がある
・任意整理と違って、信用情報に影響がない

(任意整理なら約5年事故情報が残り、その間は新たにカードをつくったりローンを組むことができない)

といったメリットがあります。

しかし、おまとめローンは審査が厳しく、ケースによっては完済までの期間や総額が増えてしまう可能性もあります。

おまとめローン業者と返済プランやおまとめ後の総額などをきちんと相談しましょう。

また、過払い金が多く発生している場合は過払い金で借金を減らしたり完済できてしまうケースもあります。

※過払い金で借金を減らした後も借金が残ってしまう場合は、任意整理扱いとなり信用情報に影響がありますが、相殺できた場合・過払い金が手元に残った場合には、信用情報に影響はありません

ご自身に過払い金がないか?10秒でわかる過払い金計算機で調べてみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る