専業主婦の債務整理|主婦でも夫にバレずに借金問題を解決

専業主婦の借金解決法

専業主婦が借金で困ったらどうすればよいか?

収入のない専業主婦の方にとっては、お金の悩みはご主人や家族には特に相談しにくい悩みであることでしょう。

結婚後も長い間自分の借金を秘密にしていたという方もいらっしゃいます。

しかも、2010年の6月から貸金業法(貸金業者の業務方法を定めている法律)が大きく変わりました。具体的には「年収の3分の1を超える借り入れはできない」という総量規制と呼ばれるものです。

専業主婦の債務整理

総量規制はパートや専業主婦など収入の少ない方にとっては大きな問題です。希望する金額よりもずっと少ない金額しか、借りることができなくなったのです。新たなお借り入れをすること自体が難しくなってきました。

※総量規制には例外があり、配偶者貸付といって配偶者=夫の承諾や収入を証明する書類があれば年収の1/3まで借りられる制度があります

【関連記事】総量規制の除外と例外について

もし、あなたが専業主婦であったり、もしくはパートをしているけどもらえるお給料に限りがあるという場合は、新たに借りられる場所を探したりクレジットカードの現金化に手を出すのではなく、まず今ある借金を見直してみましょう。

債務整理をすれば、夫に内緒で借金を減額することも可能

10年以上前からお借り入れをしている場合、ほとんどすべての貸金業者が法律で定められているよりもずっと高い金利を設定していることが多いです。

その場合は、司法書士や弁護士などのプロの法律家に債務整理を依頼することで、これまでの返済で払い過ぎていた利息を過払い金請求という手続きをするだけで取り戻すことができ、残りの借金が完済できる場合があります。

専業主婦が手続きできる債務整理

任意整理:直接貸金業者と交渉をして(司法書士や弁護士などの専門家に依頼をした場合は、あなたの代わりにすべて専門家が交渉手続きをします)現在の借金の額を減らしたり、将来の利息を0にする手続き。特定の貸金業者だけ選んで借金を減らせる

【関連記事】任意整理とは?流れやデメリット、期間をわかりやすく解説

特定調停:裁判所に間に入ってもらって貸金業者と交渉し、金利の引き直しや返済額の減額を行って3年前後で全ての支払いを終わらせる手続き

【関連記事】特定調停とは?デメリットや流れ、費用を日本一わかりやすく解説

任意整理も特定調停も借金を減額したあと、返済計画を立て直してコツコツ返していく手続きだから、できれば家族に話して協力してもらえるといいよね。

女性は男性以上に「借金を家族に隠したがる」傾向があるけど、家族に話した方が心理的なストレスも軽減すると思うんだけどな。

自己破産:裁判所から債務(借金)を免責してもらうことによって、借金の支払い義務を免除してもらう手続き。借金がゼロになるがその分条件が厳しく、家族にバレてしまう可能性が高い

【関連記事】自己破産すべき人とは?借金で死ぬな!手続き前に知りたいことまとめ

どんな手続きが合っているか検討したい方は↓の記事をご覧ください。

【関連記事】債務整理とは?債務整理の種類とそれぞれのデメリット

債務整理に強い司法書士や弁護士に相談することで、自分に合った手続きを選んでくれます。

債務整理をしても、家族(夫や子ども、両親)に影響はありません

債務整理は、個人対貸金業者の手続きです。夫の仕事に影響が出る、子どもが奨学金を借りられなくなる……といったことはないのでご安心ください。

債務整理をすると、信用情報機関に債務整理をした情報が掲載されます。これは、支払いが遅延したり滞納した場合も記録される情報で個人信用情報といいます。

ブラックリスト(信用情報)に載る手続きと載る期間

※貸金業者やカード会社がこの信用情報をチェックすることで、審査を行っています

上記の図にあるように、債務整理をしても一定期間が経てば、お金を借りたりクレジットカードをつくることができます。

信用情報は個人がカンタンに見られるものではないので債務整理を秘密厳守の事務所に相談すれば、家族にバレることなく手続きを済ませることも可能です。

※債務整理の中でも、個人再生手続きは「定期的な収入がなければならない」という制限があるため専業主婦の方は選択することができません

【参考記事】主婦の自己破産|子どもを守るために自己破産した体験談

借金の悩みは1人で悩んでいても解決しません!勇気を持って専門家にご相談ください。考えているよりもずっと楽に借金問題を解決する近道になります。

女性スタッフが対応可能!女性にやさしい債務整理の無料相談

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る