会社員の債務整理・借金解決|自己破産の職業・資格制限に注意

会社員の借金解決法・債務整理

会社員の方は、任意整理・特定調停・自己破産・個人再生とどんな債務整理も行うことができます。

ただし、自己破産手続きを行う場合、一部規制される職業があるので注意しましょう。

債務整理の前に注意すること:給与が銀行振込みの場合

もしお給料の振込口座として設定している銀行からお借り入れをしている場合、注意が必要です。その銀行からお借り入れしている借金も債務整理手続きに含める場合は、銀行に債務整理をすることを通知した時点で、その振込口座は凍結されてしまいます。

会社員の債務整理

振込口座が凍結されてしまった後にお給料が通常通り振込まれた場合、原則として、代位弁済されるまで、引き出すことができなくなってしまいます。

借金の支払い義務を免責してもらう自己破産や裁判所に申し立てを行って借金を減額する個人再生手続きを選択する場合、お給料の振込口座を別の銀行に変更していただく必要があります。

逆に、この変更が行なえない場合(会社で銀行が指定されている場合等)には、自己破産や個人再生での借金整理の方法は難しくなり、その場合には任意整理を選択することになります。

任意整理の場合は、対象の銀行を任意整理の手続き対象から外しておけば、振込み口座の変更は必要ありません。

任意整理とは

任意整理について詳しくはこちら

特定調停とは

特定調停について詳しくはこちら

会社員が自己破産する場合、制限のある資格や職業

自己破産の開始から(借金の)免責が確定するまでの間(一般的には3か月から半年程度)下記の職業・資格には就けません。

債務整理の中でも自己破産を選択した場合には、免責が決定するまでの間破産者となり、特定の資格や職業については制限されてしまいますので、警備員や保険関係のお仕事などされている方は、少なからず仕事自体に影響が出るものだと思ってください。

弁護士/司法書士/行政書士/弁理士/土地家屋調査士/不動産鑑定士/税理士/公認会計士/社会保険労務士/中小企業診断士/通関士/宅地建物取引主任者/公証人/人事官/国際委員会委員/国家公安委員会委員/都道府県公安委員会委員/教育委員会委員/公正取引委員会委員/商工会議所会員/商工会役員/商品取引所会員・役員/証券外務員/商品投資販売業/商品投資顧問業/証券金融会社役員/金融商品会員制法人会員/信託会社/著作権等管理事業者役員/地方公営企業等金融機関役員/信用金庫会員・役員/社会保険審査会委員/農水産業協同組合貯金保険機構運営委員会委員・役員/漁船保険組合員/漁船信用基金協会会員/日本銀行役員/政策委員会審議委員/土地主要委員/都道府県公害審査会委員/預金保険機構運営委員会委員/補償コンサルタント/貸金業/質屋/割賦購入あっせん業者役員/生命保険募集人/損害保険代理店/旅行業者/警備員/警備業者/不動産鑑定業者/一般・特定建設業/建築士事務所開設者/建築設備資格者/測量業者/土地鑑定委員/地質調査業者/下水道処理施設維持管理業者/風俗営業者/特別管理産業廃棄物処理業者/通関業者/鉄道事業者/卸売業者/日本中央競馬会経営委員会委員/地方競馬全国協会運営委員会委員/調教師・騎手/国際観光レストラン/宅地建物取引業者など

全ての手続きを終えれば権利や資格を取り戻せます。

【関連記事】警備員でも自己破産後に仕事に戻れた体験談

会社から借金をしている場合…

子供の学費や住宅ローンの頭金などを、会社からのお借り入れでまかなっている方もいらっしゃると思います。

この場合、自己破産や個人再生を選択してしまいますと、会社からのお借り入れも手続きの対象に含まれてしまいますので、会社へも借金の免除をお願いするなどの負担をかけてしまいます。

ただし、借金があまりにも高額だった場合は任意整理で借金を返済していくのは難しいかもしれません。

会社に借金があり(会社の借金も含めて)債務整理を検討している場合は、まずは一度、会社と話し合いを行って今後の返済方法などにつきご検討いただくことをおすすめします。

また、債務整理をすると会社から解雇されてしまうのでは…という心配もあると思いますが、実際に債務整理を理由で解雇させられた場合、これは違法解雇とみなされます。

債務整理をする必要がないかもしれません

2010年以前に借り入れをしていた方・2010年以前から借り入れを続けている方は、過払い金が発生しているかもしれません。

過払い金とは

高い利息ばかり払って元金が減っていなかった方、長期間借り入れを続けていた方は、特に過払い金が発生している確率が高いです。

過払い金があれば、今ある借金を減らしたりゼロにすることも可能です。それでも余る場合は、現金として手元に戻ってきます。

どの債務整理手続きを選択する前に、まずは無料の過払い金計算機でいくら過払い金があるか試算してみてください。

【関連記事】債務整理とは?日本一わかりやすい債務整理の解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る