債務整理と任意売却の違い|任意売却の大きなメリットとは?

借金の整理方法は、債務整理だけではない!

債務整理とは、借金の返済を継続していくのが難しい場合に、貸金業者との話し合いや裁判所での手続きによって、借金の減額や免除、長期での分割払いにしてもらう手続きをいいます。

債務整理の中の1つである、任意整理手続きによって生活再建できる場合もあれば、自己破産手続きのように一定以上の財産を失ってしまう場合もあります。

どの手続きを選ぶのか?というのは個々のケースによって異なってくるといえますが、 借金の整理方法は、なにも債務整理だけというわけではありません。

自己破産をせずに、住宅ローンを解決

任意売却とは?

債務整理と似通った性質を持つ手続きとして、「任意売却」という手続きもあります。

任意売却とは、住宅ローンの支払いが厳しい状態で、その住宅を自らの意思で売却してしまう手続きをいいます。売却した代金は基本的に住宅ローンの返済に充てられることになりますが、住宅ローン債権者との交渉によって、売却代金の中から引っ越し費用などを捻出してもらい、生活再建のきっかけが作れるという大きなメリットがあります。

また、通常、住宅ローンの支払いができなくなってしまうと、裁判所による差押えの後、競売にかけられてしまうことになるのですが、競売にかけられてしまうと、市場価格の7割を下回る金額で落札されてしまうこともあるため、売却代金充当後のローン残債が多くなってしまうのです。

この点、任意売却では買い手さえつけばかなり高い金額で売却できることもあるため、ローン残債を極力残さずに住宅を売却することができるのです。

このように任意売却には、債務整理とは少し違った意味でのメリットがありますので、この2つの手続きを併用させることによって、より負担をかけずに生活再建ができるようになります。

住宅ローン+他の借入もある場合

たとえば、貸金業者からの借入と住宅ローンがあり、どちらの返済も難しいような場合、まずは任意売却によって住宅ローンを出来る限り減額し、残った債務と貸金業者からの借入を任意整理個人再生によって減額し、返済を継続するという方法があります。

ただ、どちらの手続きも専門的な知識と交渉力が必要になってしまいますので、なるべく司法書士や弁護士といった法律の専門家に依頼するようにしましょう。

任意売却であれば、専門家への支払いも売却代金の中から捻出できることもあるため、実質的な負担なく手続きを進められる場合もあります。

まずは一人で悩む前に、一度、専門家への相談をご検討されてはいかがでしょうか。

タグ: 任意売却
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る