強制競売のデメリット|任意売却ができないとどうなる

強制競売だけは絶対に避けたい

最近は、住宅ローン、クレジットカードや消費者金融などの返済が滞ってしまい、貸金業者が、不動産の強制競売を行うケースが多くなっています。

競売をする前に、任意売却という手続きをとることで金銭的に大きなメリットがあります。 反対に、任意売却という手続きを取らずに強制競売となってしまった場合はいくつものデメリットがあります。

強制競売のデメリット

競売のデメリットをまとめてみました。

①まず、競売のデメリットは金銭面で、市場での価格よりも2~3割ほど下がってしまいます。

競売の落札金額が住宅ローンなどの金額を下回ることがほとんどとなります。
また、不動産業者が頻繁に訪れることがあったり、住所や建物内の写真なども公開されるため、近所の方に競売されていることを知られてしまったりする可能性があります。
もちろん、引越し費用を用意してくれることはありませんので、自分で費用を捻出して物件から出ていかなければいけません。

②住宅ローンなどに連帯保証人をつけていた場合は、競売になると連帯保証人にもローン残額の請求をされることになります。

もし、連帯保証人がローン残額の支払いができないという場合は、連帯保証人の不動産が競売にかけられてしまうなんてことも考えられます。

③競売手続きをしても、ローン残額の支払いについては一括で返済するように言われます。

返済ができなくて競売手続きになったとしても、住宅ローンの残額を請求がなくなるわけではありません。

④競売で落札をされると自分の家ではなくなるので、建物から立ち退かなければいけません。

家に居座って立ち退き料を請求するケースもあるようですが、法律上は立ち退かなければいけません。居座ると、落札者から裁判所に建物引渡し命令の申立てを行われ、強制的に立ち退きをしなければいけません。

住宅ローンの支払いも、その他の返済も遅れている・・・という人は要注意!

いますぐ、任意売却の無料相談を試してみることをおすすめします。

タグ: 任意売却
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る