任意売却しても自宅に住み続ける方法とは?

任意売却をした方が、金銭的なメリットが大きい

任意売却をしても自宅に住み続ける

任意売却しても、そのまま自宅に住み続けることなんてことができるのでしょうか?実は、いくつかそのような方法はあります。

例えば、自宅を身内に売却して後で買い戻すとかの方法がとれれば、任意売却後も自宅に住み続けられることになります。ほかにも、自宅を身内に競売で落札してもらう方法もあります。

しかし、このようなやり方はハードルがとても高いです。

親子間の任意売却

ひとつずつ確認すると、親子間や身内での任意売却ですが、身内であっても売買契約上では何も問題はありません。問題となる点は不動産の購入資金で、原則、一括での購入することが必要です。

なぜなら銀行でローンを組むことが難しいのです。理由はいろいろあるようですが、できないと思ったほうが良いでしょう。消費者金融ならローンを組むことはできますが、金利が高いので負担が大きすぎるためあまりオススメできません。となると、現金で一括で購入する以外は難しいとなります。

自宅を身内に競売で落札してもらう

もうひとつの方法として、自宅を身内に競売で落札してもらう方法です。

任意売却ができないと、貸金業者は競売をします。
競売だと任意売却よりも金額は低く購入ができます。競売は、競売をかけられた本人でなければ、誰でも入札ができます。

そのため、金額を抑えて自宅にそのまま住み続けたいのならば、任意売却ではなく、競売で入札する方法がオススメです。貸金業者が高い売却価格を要求して任意売却に応じない場合にも考えられます。

ただし、競売はあくまで誰でも入札できるので100%落札できる保証はないのでデメリットです。また、購入資金を用意するのも大変です。これは、任意売却の時と同じで、競売の場合は、銀行で住宅ローンを組むことは難しいでしょう。

【関連記事】競売と任意売却の違いとは?

<結論>

身内間での任意売却を行い、自宅を買い戻して住み続けることはできるが、100%落札できる保証はないし、購入資金を一括で支払わなければいけないため、ハードルが高い

誰でも自宅は残したいと思うものです。しかし、無理して自宅を残ったとしても、普段の生活がより困難になってしまうと意味がないと思います。これからの生活をどうやって立て直していくのかを考えることが重要となります。

最後に、個人民事再生という手続きをして自宅に住み続ける方法もあります。債務整理の中の一つの方法で、住宅ローンはそのまま残して、それ以外の借金を整理することができます。住宅ローン以外の借金は最大で8割減るので、そのメリットは大きいです。

ただし、個人民事再生は手続きが複雑で、自分でやることは難しく、司法書士や弁護士に依頼したほうが良いでしょう。

タグ: 任意売却
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る