自己破産の前に任意売却|不動産を売却して引越し費用を確保

資産が少ないほうが、裁判の費用も安くなる!

自己破産の前に任意売却

自己破産手続きをした場合、不動産である自宅を持っていたら返済にまわすことができる財産として処分されることになります。自己破産をするのだから、わざわざ任意売却をする必要もないという考え方があります。

もちろん自己破産の申し立てをすれば、自宅は処分されます。自己破産手続きをするときに任意売却をしても意味がないと思うのが通常です。

しかし、実際は自己破産手続きの中で競売をされるよりも任意売却をしたほうが経済的な負担が少なくて済みます。

もし、自己破産をする場合に、自宅があると最低でも20万円の予納金が必要となります。場合によっては、50万円を予納金として裁判所に収めなければなりません。自己破産をしようとしている方にとって、このお金を用意するのはかなり無理があります。また、夫婦共同で住宅ローンを組んでいる人などは、自己破産手続きの費用がかかるので簡単に自己破産もできないと思われます。

管材事件にならないために

そして、自己破産手続きの種類として、同時廃止と管財事件と言われる手続きがあります。自己破産手続きをする方に特に資産がない場合は、同時廃止と言って簡単な手続きとなり、裁判所への費用は2万ほどで足ります。ただし、資産がなくてもギャンブルや遊びの費用で借金を作ったような場合は、小額管財事件と言って管財事件になることがあります。

管財事件は、自己破産手続きをする方に不動産などの資産があるときに、20~50万を予納金として裁判所に支払う必要があり、手続きの期間も長くなります。

そこで、自己破産手続きをする前に不動産を任意売却するのです。

自己破産手続きをする前に不動産である自宅を売ることで、資産がなくなって、同時廃止手続きとなれば、裁判所の費用も安くなり、手続きの期間も早くなります。

裁判所に予納金が払えずに、自己破産もできない人が世の中にはいます。そのような方にとっては同じ自己破産でも、同時廃止か管財事件の違いで費用の負担も違ってくるので大きな問題です。

同時廃止と管財事件の違いについて詳しくはこちら

任意売却の一番のメリットは引越し費用が確保できること!

また、任意売却をした場合は、一番大きなメリットは引越し費用などです。通常の自己破産手続きの中で不動産を処分する場合は、裁判所がすべてやってくれますが、引越し費用などはまずもらうことはできません。

借金はなくなるけども、自宅もなくなる引越し費用もないでは、自己破産したあとに困ったことになります。これが、任意売却だったら、引越し費用は不動産業者や貸金業者が話し合って負担することがあるので、ここが大きなメリットになります。

タグ: 任意売却
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る