任意売却とは?住宅ローンが払えない=強制的な競売より任意売却

ウチはひとりっ子だし両親に貯金がないし家も賃貸だから、できれば2世帯で住める家を買いたいんだけど……家って数千万円するから背負うのが怖すぎる。

住宅ローンが払えなくなったらどうしよう。

確かに住宅ローンは大きな負担になるよね。返済が困難になり家を失う人もいる。

でも払えないからってすぐに勝手に家を売られちゃうわけじゃない。家を売るとなると「競売」って思い浮かぶ人が多いみたいだけど「任意売却」って方法があるんだ。

住宅ローンが払えず不動産を売るなら、競売より任意売却

任意売却とは?住宅ローンが払えない=競売より任意売却

任意売却とは給料が減った・リストラされた等の理由で住宅ローンの支払いが難しくなった状態で不動産を売却することによって、残っているローンの金額や売却後の引越費用などを整理し生活の再建を行うことです。

競売をするよりも一般的な相場で売却することができるので金額的に大きなメリットとなります。

その他にも競売と比べメリットが多く、金融機関などに対して多額の返済が可能となり、残った住宅ローンの返済についても柔軟な対応をしてもらえることが多いようです。

住宅ローンが払えなくなったらどうなる?

住宅ローンが払えなくなった場合、3か月~1年程度滞納すると銀行や(住宅ローンを専門に扱う)モーゲージバンクなどの金融機関は、一括返済を求めてきます。

一括時返済ができない場合、強制的に土地や不動産を売ってそのお金から住宅ローンの残債をする競売をしようとしてきます。

※住宅ローンを組む時の保証会社が住宅ローンを組んだ人(以下、債権者)の代わりに住宅ローンを返済し、保証会社・債権回収会社からの督促や連絡がきます

競売になると、裁判所に最低売却価格を決められてしまい、市場価格より低い価格で落札されてしまいます。

これでは、住宅ローンを完済できませんし、引越しの費用なども捻出できません。

また、競売を申し込んだ時点で債権者が自由に不動産を処分することができなくなります。

そこで、任意売却が有効!

競売はデメリットが多いため、住宅ローンの残債よりも高く売るか?残債を完済できるお金を用意する必要がありますが、なかなか難しいと思います。

そこで債務者が専門家に依頼し不動産を売ってもらう=任意売却することで、強制的な競売に比べて債務者の精神的不安を和らげ好条件で売却することができます。

任意売却の6つのメリットとは?

1.近所の方や知り合いに任意売却をしているということを知られることがない

2.売却に必要な諸費用の仲介手数料・管理費・修繕積立金・司法書士報酬などの負担は、基本的にない

3.引越し費用や生活資金を考慮してくれるので、売却後の生活に余裕が持てる

4.話し合いで住宅の引渡しの日時を決めるので、一方的に追い出されることがない

5.市場価格に近い価格で不動産を売却することができる

6.なにもかもが強制的な競売に比べ、精神的な余裕が生まれる

任意売却のたったひとつのデメリットとは?

デメリットというと、競売は自分で何もしなくても手続きは勝手に進んでいきますが任意売却は自分で行動する必要があるくらいです。

メリットに比べてしまうと、とてもデメリットとは言えないと思います。

任意売却をして高い金額で売却することで、少しでも多くの住宅ローンやその他の借金を返済することが可能です。

任意売却のタイミングは?

「1か月以上滞納してしまい、今後も住宅ローンの支払いが難しい」と思ったその時が任意売却を考えるタイミングです。

また、タイムリミットは競売の開札日(入札された不動産を見る日)の前日です。

何か月も滞納してしまってから金融機関に相談する人が多いんだけど、それじゃぁ遅いんだ。住宅ローンの返済に不安がある場合はなるべく早く借りた金融機関に相談した方がいい。

住宅ローンが払えなくなったら、2か所に相談しよう

・住宅ローンを組んだ金融機関に相談
・任意売却を専門で行っている業者に相談

住宅ローンが払えなくなったら、まずローンを組んだ金融機関に相談しましょう。

同時に任意売却の専門家に相談するとスムーズに手続きを進められます。

博士の知り合いには任意売却の専門家がいないんだけど、口コミやメディア出演等で人気があるのは

任意売却119というサイト。

面談だけでなく電話やメールで相談できて、任意売却の実績が豊富です。
引用:http://nini-baikyaku.biz/

引用:http://nini-baikyaku.biz/

任意売却119(外部サイト)

※住宅ローン以外にも借り入れがある場合は、任意整理個人再生によって返済額を減らすことが可能です

URLのコピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • 任意売却しても自宅に住み続ける方法とは?

    任意売却しても自宅に住み続ける方法とは? 身内間での任意売却を行い、自宅を買い戻すことができれば、任意売却をしても自宅に住み続けることはできます。しかし、100%落札できる保証はないし、購入資金を一括で支払わなければいけないため、ハードルは高いです。

  • 任意売却しても自己破産はできる!

    任意売却しても自己破産できる 結論から言うと、任意売却をしてから自己破産することはできます。住宅ローンには抵当権がついているので、先にローンを返してから自己破産の手続きをしても、自己破産への影響はありません。

  • 住宅ローンが払えない

    住宅ローンが返せない|返済困難になったらどうする? なぜこんなにも、住宅ローン返済困難者の増加が騒がれるようになったのでしょう? その原因の多くは、やはり最近の不況が響いているようです。例えば、家を購入した時には思いもしなかった会社の倒産、またリストラによる転職や退職、他にも給与やボーナスカット、さらには超過勤務の削減で減収になるなど予想外の出来事ばかりです。

  • 自己破産をせずに、住宅ローンを解決

    債務整理と任意売却の違い|任意売却の大きなメリットとは? 任意売却とは、住宅ローンを支払いが難しい状態で、不動産を売却することによって残っているローンの金額や売却後の引越費用などを整理して、生活の再建を行うことです。かならず不動産がついてまわるものとなっていて、競売をするよりも一般的な相場で売却することができるので金額的に大きなメリットとなります。

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る