債務整理と住宅ローン|債務整理すると住宅ローンが組めない?

債務整理・任意整理を行うと住宅ローンが組めなくなる?

住宅ローンと債務整理

債務整理を行うと信用情報機関に事故情報(延滞情報などのマイナスの情報)が掲載されます。信用情報は、俗に「ブラックリスト」と呼ばれ

任意整理特定調停をした場合、約5年間
自己破産個人民事再生をした場合、約10年間の間、新たにクレジットカードをつくったり、住宅ローンを組むことはできません。

債務整理を行なって、10年以降経過して「自分はまだブラックリストに載っているのかな?」と心配になった方がいましたら、信用情報期間に開示を求めることができます!

『全国銀行個人信用情報センター』『日本信用情報機構』『CIC』この3つの期間で情報を開示すれば自分がまだブラックリストに載っているか確かめることができます。

信用情報の確認方法はこちら

なお、信用情報を調べる際には、3機関全てに情報を開示してもらうようにしましょう。「CICでは消えていたのに、日本情報機関では残っていた!」なんてケースもあるそうですから注意が必要です!

ブラックリストから消えたのに、住宅ローンが組めない!?

信用情報を3社分調べて、事故情報に載っていない場合でも、住宅ローンが組めないことがあります!

任意整理や自己破産の手続きをする際に関わりがあった金融機関では
一生、住宅ローンを組むことができない
のです!

しかし「○○銀行からの借金を任意整理したから、○○銀行の住宅ローンは組めない。でも△△銀行なら組めた」というケースもあるそうなので、安心してください。

また、信用情報に載っているマイナス要因の情報は債務整理のことだけではありません。

住宅ローンも債務整理できる?

不動産を債務整理することは、可能です。でも、住宅ローンを組んでいる場合は通常、購入した不動産に抵当権がつけられています。
(抵当権とは、返済ができなくなったときに強制的に不動産を競売にかける権利のことを言います)

金融機関に返済を猶予してもらうよう伝えると、この抵当権が実行されてしまい、競売にかけられるかもしれません。
(金融機関によっては、住宅ローンの返済額や期間を見直してくれる場合もあるそうなので、司法書士や弁護士に相談してみましょう)

マイホームなどの「不動産を残したまま債務整理をしたい!」とお考えでしたら、個人再生の手続きをすると良いでしょう。

>>個人民事再生について詳しくはこちら

住宅ローンを残して、消費者金融からの借り入れだけ債務整理できる?

任意整理や個人再生の手続きであれば可能です。
ただし、自己破産ではできません。

債務整理した先の金融機関では、住宅ローンを組むのが厳しい

信用情報の(事故情報)登録期間を過ぎても、過払い請求や債務整理を行った先の貸金業者や関連性のある金融機関では住宅ローンを組むのが難しいです。

関連性のある金融機関一覧

新生銀行=レイク・ノーローン(シンキ)・アプラス

三井住友銀行=プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)・ポケットバンク(三洋信販)・ポケットカード・セディナ(セントラルファイナンス)

三菱UFJ銀行=アコム・三菱UFJニコス

イオン銀行=イオンカード

住宅ローンを組む際は、債務整理・過払い請求を行っていない金融機関を選びましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • 住宅ローンが払えない

    住宅ローンが返せない|返済困難になったらどうする? なぜこんなにも、住宅ローン返済困難者の増加が騒がれるようになったのでしょう? その原因の多くは、やはり最近の不況が響いているようです。例えば、家を購入した時には思いもしなかった会社の倒産、またリストラによる転職や退職、他にも給与やボーナスカット、さらには超過勤務の削減で減収になるなど予想外の出来事ばかりです。

  • 特定調停と住宅ローンの関係

    特定調停と住宅ローン|除外できる・手続き後ローンを組める 特定調停と住宅ローンの関係について解説します!1.特定調停しても5年程度経てば住宅ローンは組める 2.住宅ローンを除いて特定調停することができる この2つのポイントをおさえていきましょう。債務整理手続きをすると、一定期間信用情報機関に事故情報が残ります。

  • 個人再生の体験談|過払い請求を含めた小規模個人再生 M永さん(51歳男性)の個人民事再生(過払い金請求を含めた小規模個人再生)の体験談。自分でいくら借りたかわからないくらいカードキャッシングをしてしまったそうです。(9枚のカードで500万円)A社で借りられなければB社から借りて返す……

  • 個人民事再生と自己破産の違い

    個人民事再生と自己破産の違い 個人民事再生は、マイホームを残して、減額された借金を3年間で返済していくというものですが、自己破産は家や車など、価値があるものは処分され、変わりに借金が帳消しになるという手続きで、最後の手段として検討すると良いでしょう。

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る