銀行のローン・カードローンは債務整理できる?

金利が低い銀行ローン・カードローンは、過払い金請求できません

銀行のローン・カードローンで債務整理できる?

債務整理には任意整理・自己破産・個人再生などさまざまな手続きがありますが、どんな借金でも対象になるわけではありません。

では、過払い金請求の場合はどうでしょうか?

実は住宅ローンや、教育ローンなどの銀行ローン・カードローンは始めから低金利なので、過払い金請求ができる条件となる「グレーゾーン金利」が発生している可能性が極めて低いため、過払い金請求の対象外となる場合が多いです。

グレーゾーン金利とは?

消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者が法律で決められている上限を超えて取り続けていた利息のことを「グレーゾーン金利」と言います。

過払い金が発生するしくみ

例えば、10万円~100万円未満の借入れをした場合、法律で決められている正しい利息は18%なのですが、多くの貸金業者はこの法律を守らずに18%以上の利息でお金を貸していました。
(ほとんどの方が詳しい知識がないので知らず知らずのうちに利息を払いすぎていた、ということになります)

このような”利息の払い過ぎ”は、過払い金請求をして払いすぎた利息を取り戻すことができます。

グレーゾーン金利についてもっと詳しく知りたい方はこちら

自分にグレーゾーン金利が発生しているかチェックしたい方はこちら

任意整理なら、将来の利息が免除されることも

銀行ローンは、借金自体の減額や、お金が戻ってくるということはありませんが任意整理という方法で、今後支払うべき利息を減らすことはできます。

任意整理というのは、貸金業者と直接交渉をして毎月の返済額や今後の利息を見直してもらう債務整理の方法の一つです。

任意整理が成功して将来利息が免除されれば、今後の返済が楽になり十分なメリットがあります。

けれど注意も必要です。任意整理が始まると、対象の口座が凍結されることがあるので、給与などの振込先が同じ口座の場合は、事前に勤務先に振込先を別の口座に変更してもらうなどの手続きが必要になります。

任意整理のメリット・デメリットをまとめました

【関連記事】銀行のカードローンをオススメできない4つの理由|過剰融資が社会問題に

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る