債務整理の代位弁済とは?保証会社が代理で返済を行うこと

代位弁済とは?

代位弁済とは?

代位弁済とは、債権者(お金を貸す人)が、一定の期間返済をしてもらえなかった場合、保証会社に対して残りの返済分を一括で支払うように請求し、保証会社が代理で返済を行うことをいいます。

代位弁済は、債権者が銀行である場合に行われる手続きになります。

多くの銀行はカードローンや住宅ローンなどの契約をするときに、債務者(お金を借りる人)とは別に「保証会社」をつけて、契約をしています(この保証会社は、銀行の子会社ではない、別の会社です)。

保証会社とは?

保証会社とは、連帯保証人のようなものです。

債務者からの返済が困難になった場合、債務者の代わりに残りの返済分を一括で払う義務があります。

代位弁済の手続きが行われると、ローンを組んだ銀行ではなく、保証会社が新たな債権者となり、今後の請求はこの保証会社からくるようになります。

任意整理民事再生などの債務整理のご相談をされる時に、既に代位弁済をされている場合は保証会社からの通知が必ずご本人あてに届いているはずなので、忘れずにご持参ください。手続きを進める上で必要な大切な書類になります。

代位弁済すると、口座が凍結される?!

口座凍結は、債権者が支払い困難になり、弁護士や司法書士などに債務整理の依頼をし、手続きが開始された時に行われます。

どういうことかというと、債務整理を開始するときに、担当弁護士や司法書士が銀行に「債務整理を開始する旨の通知」を送ります。

銀行がこの通知を確認すると、債権者の口座が凍結され、代位弁済の手続きを保証会社に対して行うのです。

口座がまったく使えなくなってしまうので、債務整理の手続きをする前に、預金を引き出して残高0円にしておく必要があります。

給料の振込先が、この口座である場合は要注意です。勤務先に連絡を取り、振込先を別の口座に変更してもらう必要があります。

銀行が保証会社に代位弁済の手続きをし、保証会社が一括返済を行うと、口座凍結は解除され、以前と同じように利用することができるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る