車のローンが残っている方の債務整理

車を残したまま他の借金を清算したい場合、とるべき手続き

車を残したまま債務整理する方法

車のローンを組んでいるときに債務整理を行うと、車は一体どうなってしまうのでしょうか?

もし、どうしても車を残して借金整理をしたい場合は「任意整理」か「特定調停」か「個人再生」の手続きを条件によって選ぶことになります。

任意整理の場合、カーローンはどうなる?

任意整理とは

車のローンをすでに完済している場合や、現金一括で購入されている場合は、車を維持することができます。

車のローンの支払いが途中であっても、今まで通りの支払いが続けられるのであれば、任意整理の手続き対象外にすることによって車を残すことも可能です。

しかし、どうしても車のローンを返済していくことが困難な場合、任意整理の対象にせざるを得ませんので、車を手元に残したいかどうかではなく、あくまでも収支状況から判断されることになります。

任意整理について詳しくはこちら

特定調停の場合、カーローンはどうなる?

特定調停とは

すべての債権者に対して特定調停の申し立てを行ってしまうと、車の所有権がローン会社にある場合(所有権留保)、車は没収後に現金換価され、債務に充当されることになります。

しかし、特定調停の場合も、任意整理と同様に特定の貸金業者だけに特定調停の申し立てをすることができますので、車のローンだけを手続きの対象からはずすことによって、車を手元に残しておくことも可能となっています。

特定調停について詳しくはこちら

個人再生の場合、カーローンはどうなる?

個人民事再生とは?

個人再生の場合、車の所有権が留保されていない場合に限り、手元に残せる可能性が出てきます。

通常、車のローンを組む場合、所有権留保事項といって返済が滞ったときには、ローン会社側がすぐに車を引き上げることができるようになっています。

所有権留保というのは、完済するまでローン会社側に所有権を残すことをいいます。

しかし、ごくまれに所有権留保がされていない場合があり、所有権留保がされていないのであれば、車の引き渡しを拒むことができるのです。

こうした場合に限り、車は手元に残したまま、個人再生によって圧縮したローンを再生計画にて支払っていくことができるのです。

個人再生について詳しくはこちら

自己破産の場合、カーローンはどうなる?

自己破産の図解

自己破産では原則として車のローンが残っている場合は手元に残すことができません。

ただし、車のローンをすでに完済していて、時価で20万円以下の価値しかない車であればそのまま所有することが可能となっています。

債務整理を行った場合、数年間は車のローンを組むことができなくなってしまいますので、どうしてもローンを組む必要がある場合は、配偶者などの家族名義で組んでもらうことになります。

自己破産について詳しくはこちら

過払い金のおかげで債務整理する必要がなくなるかも?

2010年以前に消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りていた人・キャッシングをしていた人は「過払い金」が発生している可能性が高いです。

過払い金請求を行って過払い金が戻ってきた場合、現金として受け取ることもできるし、借金の返済に充てることもできます。

債務整理の手続きの前にまずは、過払い金計算機で過払い金が発生しているかどうかチェックしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • ローンとリースの違いとは?

    ローンとリースの違いとは? ローンは、支払いが終われば所有権が契約者自身のものになる契約ですが、リースは、支払いが終わっても所有権はリース会社にあり、使用する権利のみ持つことができる契約です。ローンとリースの違いについてわかりやすく解説します。

  • 債務整理を一部だけしたい場合

    債務整理を一部だけしたい場合は、任意整理がおすすめ 複数の貸金業者・金融機関から借金をしている場合、一部だけ債務整理することは原則としてできません。しかし、「任意整理」という手続きの場合は、一部の債権者のみを対象に債務整理をすることができます。司法書士や弁護士に依頼する場合は、どこでいくら借りているか正直に

  • 個人民事再生と自己破産の違い

    個人民事再生と自己破産の違い 個人民事再生は、マイホームを残して、減額された借金を3年間で返済していくというものですが、自己破産は家や車など、価値があるものは処分され、変わりに借金が帳消しになるという手続きで、最後の手段として検討すると良いでしょう。

  • 特定調停の費用や必要書類

    特定調停にかかる費用と必要書類(個人の場合) 特定調停は自分で手続きできるので専門家に頼むよりも費用を抑えられます。特定調停を行うための費用は、基本的に収入印紙代と郵便切手代です。また、特定調停の必要書類は「申立書」「印鑑」「印紙代」「郵便切手」「貸金業者の一覧表」です。もし、持っていれば「貸金業者との

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る