任意整理に必要な書類|準備しておくと便利なもの

必要書類は特にナシ。専門家に相談に行く前に用意しておくと便利なものを紹介

任意整理にあると便利な書類

任意整理は裁判所などの公的な機関を通さない手続きであるため、基本的に手続きに特別な必要書類があるわけではありません。

しかしながら、弁護士や司法書士などに債務整理の手続きを依頼する場合には、依頼する専門家と貸金業者の交渉をスムーズにするために揃えておくと便利な書類がいくつかありますので、手続きの際に揃えておきたい必要書類をご紹介しましょう。

まず、お金を借りている貸金業者に関する資料は必ず必要になります。

お借り入れ先のリストや借用書、領収書、受領書、ATMの明細書など、借り入れ先の貸金業者に関する書類すべてが資料になります。

手元に残っているものだけでもよいので、手続きを依頼する前にすべて集めておきましょう。また貸金業者のカードについても、弁護士や司法書士の介入を貸金業者に通知する際に、通知書と一緒に返却することになるので、 捨てずに残しておいてください。

あなた自身に関する必要書類を挙げておきましょう

まずは、本人確認のために必要になるのが身分証(運転免許証やパスポート、住民票、住基カードなど)です。

ほかには、月々の家計の収支がわかる家計簿などもあれば、今後の返済額がいくらであれば負担なく残りの借金を返済していけるのか、計算しやくなります。

最後に、なぜあなたが任意整理をしようと考えたのかを簡単にまとめた文章を用意しておくと、専門家に相談する際、話が伝わりやすく、その人に合った最適な手続き方法を教えてもらえるので用意しておくとよいでしょう。用意できない場合は、弁護士や司法書士と相談する際に、きちんと話を聞いてもらうようにしましょう。

以上が任意整理の際に準備しておくべき必要書類となります。こうした必要書類をしっかり揃えたうえで手続きを依頼できるようにしたいですね。

タグ: 任意整理
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る