任意整理が成功しやすい人とは?

借金の期間が長い人は、債務整理に成功しやすい!

任意整理が成功しやすい人

今抱えている借金の額を少しでも減らしたい!と考える方が行なう任意整理。

しかし、この任意整理を行なったからといって誰でも一律に大幅な借金の減額ができるというわけではありません。

個人個人のケースによって、減らすことができる借金の額は大きく違ってくるものなのです。では、任意整理が成功しやすい方とは、いったいどのような方なのでしょうか。

任意整理では、貸金業者から開示されたこれまでの取引履歴に基づいて、最初のお借り入れから最終取引までを利息制限法の利率で改めて計算をする(引き直し計算と言います)ことによって、実際の借金の額(法律で定められた利率を適用した借金の額)を明らかにすることができるようになっています。

この際に、支払いすぎている利息が発生していることがわかれば、その支払いすぎた分を現在残っている借金の元金にあてることで、現在の借金を減額することができるのです。そのため、貸金業者との取引期間が長い方は、債務整理に成功しやすいと考えられます。

長期間って?年数は?

お金を借りていたのが大手の消費者金融だった場合、20%を超える利息で2~3年の取引をしていたら約2割程度の減額が可能になる方が多いようですし、一般的には5年以上の取引がある方の場合、借金が大幅に減額される可能性があると言われています。

また、それ以上長い取引を行なっているという方であれば、借金がゼロになったり、場合によってはさらに過払い金が発生していて払いすぎた利息を手元に戻すことができるという可能性も考えられます。

いずれにしても、貸金業者との取引が長ければ長いほど、任意整理は成功する確率が高まると言えます。数年にわたってきちんと返済し続けているのになかなか借金の額が減らないという方や、もしかしたら利息を払いすぎているのでは?と思われた方は、一度専門家に相談されるとよいでしょう。

contact_btn_off

(上のボタンをクリックすると、お問い合わせフォームへ移動します。)

タグ: 任意整理
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る