任意整理ができない2つのケース|返済していない・多額すぎる

こんな方は、任意整理ができません

任意整理ができない2つのケース

借金の返済が困難になったとき、多くの方が検討される任意整理

しかし、残念ながら、任意整理によって借金を減額できないという方もいらっしゃるのが現実です。

【関連記事】任意整理とは?流れやデメリット、期間をわかりやすく解説

特に、貸金業者からお金を借りてまだ一度も返済をしていないという方の場合は、貸金業者が減額に応じてくれなかったり、利息制限法による払いすぎた利息の計算(引き直し計算)をしても、払いすぎた利息がない場合があります。

また、引き直し計算をしても借金の額が大きすぎて、3年から5年のうちには到底返せないという可能性も有ります。

任意整理ができないと、借金はもう減らせないの?
そんなことはない!個人再生や自己破産など、他にも方法はある!解決できない借金問題なんてないんだ!

任意整理の代わりに、個人再生で借金をなんとかする

個人民事再生とは?

個人再生は比較的新しい救済方法で、住宅などの財産を維持したまま、大幅に減額された借金を、原則として3年で分割返済していくという手続きです。

減額後の借金を完済すれば、住宅ローン以外の借金については返済する義務が法律上免除されます。また、個人再生の手続きは裁判所で行なわれるため、弁護士や司法書士など専門家に手続きを依頼するのが一般的となっていて、ある程度の費用は必要になりますが、借金をある程度圧縮すれば返済ができないほどではないという方や住宅ローン以外の借金の減額を望む方などは、個人再生に向いているでしょう。

【関連記事】個人再生とは?費用や流れ、デメリットのわかりやすい解説

任意整理の代わりに自己破産で借金をなんとかする

自己破産の図解

また、自己破産はすべての借金を返済することができないと裁判所に認めてもらい、法律上、借金の支払い義務を免れる制度です。

自己破産を行なえばもう借金に追われることはなくなりますが、生活に必要不可欠な財産を除く高価な資産は処分される可能性があるほか、一定期間の資格制限や新たなローンが一定期間利用できない状態になるなど、制限などを受けることになります。

任意整理が困難な場合でも、個人再生や 自己破産という方法をとることで、借金問題の解決を図ることができます。

【関連記事】自己破産すべき人とは?借金で死ぬな!手続き前に知りたいことまとめ

任意整理ができないから借金問題は解決できない」とあきらめることなく、まずは弁護士や司法書士など法律の専門家に相談してみるとよいでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • 債務整理・過払い金請求で誤解や勘違いしやすい5つのポイント

    債務整理・過払い金請求で誤解や勘違いしやすい5つのポイント 債務整理や過払い請求のご相談に来られる方の中で、よく勘違いしていること・勘違いしやすいことをまとめてみました。①①必ず借金が減る(無くなる)と勘違いしている②②住民票や戸籍に記載される・選挙権がなくなると勘違いしている③③家族や身内に影響が出てしまうと勘違いしている

  • 総量規制にひっかかったらどうする?

    総量規制の対象者になったら?債務整理を専門家に相談しよう 総量規制にひっかかり、新たにお金を借りることができなくなったら「債務整理を考える時期」になったと思ってください。債務整理とは、返済に行き詰まった方が、任意整理、個人民事再生、自己破産、特定調停、などといった4つの種類からなる手続きです。借金は法的な手続きで減らしたり、ゼロにすることができます

  • 個人再生を申し立てるために必要な条件

    個人再生に必要な4つの要件と個人再生にかかる費用 個人再生(個人民事再生)を申し立てるために必要な条件や費用をまとめました。1.支払い不能の見込みがあること2.債務者が個人であること3.債務者が継続的にまたは反復して収入を得る見込みがあるもの4.借金の総額が5000万円を超えていないこと。費用は、印紙代

  • 自己破産ができる条件と費用

    どうすれば自己破産できる?自己破産の条件(要件)と費用 自己破産が認められるための要件とは、支払不能状態であること。つまり、借金をどうしても返せない状態であると認定されれば、破産が認められます。裁判所が自己破産を申し立てた人の収入や借金の総額などを考慮して、本当に支払不能状態であるかどうかを決めます。自己破産に

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る