旧姓名義のままでも任意整理はできる!結婚前の借金

名字が変わっても、結婚前の借金を任意整理できます

旧姓名義のままでも任意整理はできる!

女性ならではの悩める問題、それが「結婚前の借金」です。
独身時代に借りたお金が返済できずに残っている状態は、女性のみならず男性であっても問題ですが、女性の場合、多くは結婚などで姓が変わってしまうということがあるからです。

つまり、自分で名義変更手続きをしない限り、お借り入れ時の名義が旧姓のままいつまでも残ってしまうということなんです。しかし、これはさほど悩まなくてもいいでしょう。

結論をいいますと、借金が旧姓名義のままでも任意整理をすることは可能だからです。

任意整理の際、どんな借金も隠してはいけません

問題は、その事を知りながらも名義変更の手続きを怠り、わざとお借り入れを繰り返したり、任意整理をする時に故意に隠してしまうことなのです。

なぜかと言うと、そういったやり方は、悪くすると「詐欺罪にもあたる行為」として受け止められかねないからです。

弁護士や司法書士がこうした任意整理の依頼を受けて、貸金業者に現在の姓(結婚後の姓)を通知しないまま旧姓のみで任意整理の手続きをしたらどうでしょう?

例えば、過払い金が発生していて和解ができずにそのまま訴訟(裁判)へと手続きが進んでいった時に手続きが大変になります。

また、結婚後の姓を使って新たなお借り入れを行なうことも問題です。その結果として、貸金業者側が損害を受けたと訴えれば、借りた本人は賠償責任を問われる可能性があるので注意が必要です。

ただし、名義変更の手続きが遅れた理由として、貸金業者に所在を隠すためとか、返済逃れをするためという悪意のあるものでなければ、貸金業者側も事を大きくしてまで訴えを起こすようなことはしないと思いますので、それほど心配はないかと思います。

本来なら、名義変更など必要な手続きは忘れないうちに早目に済ませておくのが一番なのですが、任意整理を間近にして慌てて名義変更を行なうと、かえって変に怪しまれたり、妙に勘ぐられたりしてもまた困ります。

それに、任意整理を専門家に依頼する際には、現在の姓や住所で本人確認を行ない、貸金業者へ問い合わせをする際には、旧姓は併記するような形を取りますので、そんなに焦って名義変更をしなくても、その時点で弁護士や司法書士に相談し、きちんとした指示を仰いでから行動しても、充分間に合うことだと思います。


まとめ:結婚前の借金を任意整理するときの注意

・手続きを依頼するときに、過去の借金の一部を隠す

・結婚したことや新しい姓を隠して任意整理を依頼しようとする

・返済が終わらないうちに結婚をしたのに、故意に名義変更の手続きを怠る
匿名OK!相談フォームはこちら
タグ: 任意整理 知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • 女性の債務整理・借金の悩みを専門家にぶつけてきた!夫にバレない? 「家族に知られずに借金問題を解決できる?」「エステや美容器具で高額なローンを組んで払えなくなったらどうする?」「専業主婦で収入がなくても債務整理できる?」など、女性の借金や債務整理の悩みや疑問をまとめて、女性の司法書士さんに質問してきました!

  • 妊婦の借金解決法

    妊婦さんの債務整理|妊娠中の借金問題解決方法とは? 女性は妊娠することで、急きょ仕事を辞めたり休まなければならなくなってしまい借金をしてしまうケースや、もともと借金があって妊娠することで返済が難しくなってしまうといったケースがあります。そんな時、国で認められた債務整理という手続きを行えば、借金を減額したり

  • 専業主婦の借金解決法

    専業主婦の債務整理|主婦でも夫にバレずに借金問題を解決 あなたが専業主婦であったり、もしくはパートをしているけどもらえるお給料に限りがあるという場合は、新たに借りられる場所を探したりクレジットカードの現金化に手を出すのではなく、まず今ある借金を見直してみましょう。国が認めた債務整理という手続きをすることで

  • no-image

    主婦の自己破産|子どもを守るために自己破産した体験談 29歳主婦の愛華さんは数年前に小さなお子さんを抱えながら離婚し、自己破産をしました。法律家に相談する前は、自己破産したらアパートに済めなくなるのではないか?カードが使えなくなるのが不安だったそうですが、自己破産後も無事にアパートを借りて二人暮らしをはじめる

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る