債務整理と結婚|影響はある?結婚前の借金は?名字が変わると?

債務整理と結婚の関係、3つの疑問にお答えします!

債務整理の結婚への影響

借金や債務整理は、デリケートなお金の問題。女性男性問わず、借金や債務整理経験について「結婚相手に相談した方がいいか?」悩む方は多いです。

借金自体はマイナスイメージの強い出来事ですが、債務整理は借金解決のための手続きですのできちんと説明できれば「別れる直接の原因」にはならないと思います。

結婚と債務整理のよくある3つの疑問にお答えします。

Q1.債務整理すると結婚に影響があるのでしょうか?

任意整理を考えている男性
現在、私は借金問題に悩まされていて、今度司法書士さんに任意整理をお願いしようと思っています。

任意整理をすることによって、今後結婚したときに結婚相手に何か影響が出てしまわないか不安です。 債務整理は結婚前にするべきなのでしょうか?
債務整理は、あくまでも個人の問題なので、結婚したからといって相手に何か影響が出るということはありません。

でも……

A1.債務整理をしても、結婚相手には何の影響もありません

しかし、信用情報機関に登録されクレジットカードをつくることができなくなってしまいますので、支払いは現金での一括払いが基本になってしまいます。

また、住宅ローンも審査に通らない可能性が非常に強いので、そういった影響は懸念されます。

ただ、裁判所を通さない任意整理手続きであれば、自己破産等の法的手続きとは違い、場合によっては登録抹消を求めることもできますので、その点は債務整理を依頼する法律家に確認することをオススメします。

さらに、信用情報期間へのマイナス情報の履歴は、債務整理して完済した後に5~10年で末梢されるので、債務整理からある程度期間が経っているのであれば審査に通る可能性は十分あります。

ブラックリスト(信用情報)に載る手続きと載る期間

Q2.結婚して名字が変わったら、カードをつくったりローンが組める?

自己破産経験のある女性
私は3年前に自己破産をしたのですが、この度、結婚をすることになり苗字が変わりました。

よく苗字が変われば新しくカードをつくったりローンを組むことができるという噂のを聞くのですが、それは本当なのでしょうか?

バレずに作成する方法があれば教えてほしいです。
むずかしいところですが、名字を変えた後に隠していても審査でバレてしまうパターンが多いです。バレずに作成する方法はないと考えた方がいいでしょう。

A2.まれに審査に通ってしまう方がいるそうですが、自己破産後は10年程度経過しないと事故情報が消えないため、カードをつくったりローンを組むことは難しいです

カードやローンの審査のしくみをお伝えします。

カードやローンの申し込みがあると、会社は信用情報機関への照会を行います。

このときに、氏名と生年月日に携帯番号等で照会を行うのですが、もちろん苗字が変わっているので検索に出てきません。

しかし、下の名前と生年月日が同じ人が出てきますので、当然苗字が変わったかもしれないという疑惑が生じることになります。

もちろんそれだけで判断できることではありませんが、もう1点の判断要素があります。

そもそも苗字が変わっているため一切のカード作成履歴が出てこないのです。

年齢にもよりますが、一度もカードを作成したことがないというのはあまりないのです。

作成履歴がないために信用できないと判断されることが多いようです。

※貸金業者やカード会社に名義変更の手続きをしなければ名字は旧姓のまま登録されています

ただ、審査がゆるいカード会社もありますので作れる場合もあるにはあります。

Q3.借金や債務整理の経験があると結婚できない?結婚前の借金はバレる?

A3.借金経験や債務整理した事実は、基本的に伝えなければパートナーが知ることはありません。また、借金や債務整理経験があっても結婚される方はたくさんいます

債務整理手続きの中でも最終手段(支払い義務を免除して借金をゼロにする)の自己破産をしても、官報に掲載されるくらいで、借金や債務整理したことが世間にバレることはありません。

「官報に載る」と聞くと、誰かに見られるんじゃ?と不安になる人が多いけど、官報って毎日発行されるものだし載る人数も膨大だし一般人は見ないからバレる可能性はかなり低いんだよね。

結婚相手に借金や債務整理のことを伝える際には

・借金の経緯や債務整理のメリット・デメリット
・結婚後の生活に影響がないこと

をしっかり伝えると、安心しやすいと思います。

ローンやカードの審査が通らなくて疑われるより、きちんと伝えてしまった方が誠実さを感じるかもしれないね。

結婚前の借金のことは伝えないでもいいけど、人生のプラスもマイナスも含めてその人を知って結婚したいと思うわね。

私が8年付き合っていた男性に親の借金(自己破産したこと)や自分の奨学金のことを話していたけど、引かれたり拒絶されることはなかったわ。

でも、この前別れたよね?

お金が原因じゃないから……。絶対キレイになってやる!覚えてらっしゃい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • no-image

    主婦の自己破産|子どもを守るために自己破産した体験談 29歳主婦の愛華さんは数年前に小さなお子さんを抱えながら離婚し、自己破産をしました。法律家に相談する前は、自己破産したらアパートに済めなくなるのではないか?カードが使えなくなるのが不安だったそうですが、自己破産後も無事にアパートを借りて二人暮らしをはじめる

  • 債務整理・過払い金請求で誤解や勘違いしやすい5つのポイント

    債務整理・過払い金請求で誤解や勘違いしやすい5つのポイント 債務整理や過払い請求のご相談に来られる方の中で、よく勘違いしていること・勘違いしやすいことをまとめてみました。①①必ず借金が減る(無くなる)と勘違いしている②②住民票や戸籍に記載される・選挙権がなくなると勘違いしている③③家族や身内に影響が出てしまうと勘違いしている

  • 女性の債務整理・借金の悩みを専門家にぶつけてきた!夫にバレない? 「家族に知られずに借金問題を解決できる?」「エステや美容器具で高額なローンを組んで払えなくなったらどうする?」「専業主婦で収入がなくても債務整理できる?」など、女性の借金や債務整理の悩みや疑問をまとめて、女性の司法書士さんに質問してきました!

  • 旧姓名義のままでも任意整理はできる!

    旧姓名義のままでも任意整理はできる!結婚前の借金 借金が旧姓名義のままでも任意整理をすることは可能です。しかし、手続きを依頼する際に、過去の借金の一部を隠したり、結婚した事実を隠して手続きを依頼するなどの行為は厳禁です。任意整理を専門家に依頼する際には、現在の姓や住所で本人確認を行ない、貸金業者へ問い合わせ

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る