自己破産の前にまずは任意整理?|自己破産と任意整理の違い

あなたに合った債務整理方法は、自己破産でないかもしれません

「もう自己破産するしかないかなぁ」借金問題でこんな悩みを抱えていらっしゃるなら、自己破産する前にまずは任意整理ご検討いただくことをおすすめします。

「でも自己破産と任意整理って、どう違うの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。そこで、まずは自己破産と任意整理の違いについて確認しておきましょう。

自己破産と任意整理の違い

自己破産と任意整理の違い

まず自己破産ですが、自己破産は清算型手続きと言われ、原則として手続きを開始する際に持っている価値のある資産をすべて処分するかわりに、借金をすべて帳消しにするという債務整理方法です。

自己破産の図解

たとえば自己破産の申請時にマンションや戸建てなどの自宅を保有している場合には、原則として自宅を処分しなければなりません。また、自己破産手続きを行なうと職業の制限など一定期間の資格制限を受けることになります。

官報という機関紙に名前が掲載されるため、他人に自己破産の事実を知られてしまう可能性がありますが、官報は普通の人が手にする機会はほとんどなく、また毎日何百という名前が並ぶため、一般の人が気付くことはほぼないと言えます。


【自己破産をもっと知りたい方はこちら】
自己破産とは?自己破産は自分でできるの?

それに対して任意整理は、裁判所などの公的機関を介さない債務整理であるため、一部の貸金業者とのみ減額交渉を行なえますし、職業制限もなく、官報に名前が載るようなこともありません。任意整理では借金を帳消しにすることはできませんが、これまでに払いすぎた利息がある場合はその分を減額した借金を、基本的に3年間かけて返済していくため、現在よりも返済がラクになる可能性が高くなります。

任意整理とは

また資格制限を受けたり、自宅や車などの高価な資産を処分する必要もありません。


【任意整理をもっと知りたい方はこちら】
任意整理とは?任意整理のデメリット

今ある資産を処分せずに、借金の額を減らして少しずつ返済していくことが可能になる任意整理。自己破産をする前に、まずは任意整理で借金を減らして返済を続けながら今の生活を守るという選択肢があるということを、知っておくとよいのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る