法テラスで任意整理するとどうなる?

法テラスに任意整理を依頼するとどんなメリット・デメリットがあるか?

任意整理によって借金問題の解決を図ろうとする方は非常に多いのではないでしょうか。

任意整理を法テラスに相談しようと思った場合、どのような流れになるのでしょうか。今回は、法テラスで任意整理する方法についてご紹介します。

法テラス公式HP

もちろん専門家へ直接相談しにいくという手もありますが、今回は、法テラスを利用して任意整理をする場合、どのような流れになるのかをご紹介していきます。

はじめに 法テラスってどんな機関なの?

最近では法テラスという名称を聞いたことがある方も増えていると思いますが、まだまだ世間に浸透しきっていないのも事実です。

そもそも法テラスという機関は、国が法律問題を解決するための窓口として設立しました。

法テラスでは、民事事件だけでなく刑事事件の国選弁護についても取り扱っており、様々な法律問題に対応することができる法律相談窓口です。

多重債務問題にも積極的に解決へ向けて協力してもらうことができますので、もちろん任意整理についての相談もすることができます。


そもそも「任意整理」ってどういう手続きなの?

任意整理とは、裁判所などの公的機関を通さずに、借金を減額してもらうよう交渉をする手続きのことをいいます。

任意整理とは

司法書士や弁護士などの専門家に手続きを依頼すると、あなたの代わりに直接貸金業者に交渉をして、利息や毎月の支払金額を減額してもらい、借金を減額することができます。

任意整理についてもっと知りたいという方はこちら
任意整理とは?流れやデメリット、期間をわかりやすく解説

法テラスで任意整理をするメリット・デメリット

メリット

法テラスを使うと「民事法律扶助」という制度を受けることができる可能性があります。

※資産や収入によって「制度を受けられるか?」は変わります

「借金を返すのが大変なのに、専門家に依頼する費用なんてない!」という方でも、法テラスでは、無料で相談を受けられ、弁護士・司法書士費用の立て替えを受けられることもあります。

民法法律扶助について詳しくはこちら【法テラスのHP】


デメリット

弁護士や司法書士に相談し、依頼すれば依頼したその日から、貸金業者からの取り立てがストップします。

しかし、法テラスを利用する場合、相談してから担当の弁護士や司法書士が決まるまでの間は、貸金業者からの取り立てや督促が続いてしまいます。

ですので「早急に取り立てを止めてほしい」という方は、はじめから弁護士や司法書士を探して、直接依頼してもらった方がいいかもしれません。


法テラスでは、任意整理が一番合っているか?も検討してくれる

相談をするときに、任意整理による解決を希望していることを伝えるのはとても大切なことですが、最終的な方針を決めるのは専門家になりますので、しっかりと専門家の意見を聞くようにしましょう。

その後、任意整理を実際に依頼するとなれば、専門家と法テラスとの3者間で援助契約を結ぶことになり、立て替えてもらった費用を支払っていくことになります。

任意整理の場合、こちらが負担する金額は、任意交渉をする債権者の数×3~5万円の間になることがほとんどです。

多くの場合で1ヶ月に法テラスへ支払う金額は5千~1万円程度となりますが、事情によっては3千円にまで下げることも可能です。

任意整理の場合、和解締結後は各債権者への支払いに加えて、法テラスへの支払いもしていかなければなりませんので、その点も踏まえた上で専門家と債権者への返済額を検討するようにしましょう。

【こちらの記事もよく読まれています】
法テラスに債務整理・過払い請求を依頼した際のメリットとデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る