給与所得者等再生とは|個人再生の種類

給与所得者等再生=要件が厳しいけど債権者から反対されない

給与所得者等再生とは?

給与所得者等再生とは、小規模個人再生を申請できる人の中で、

・給与またはこれに類する定期的な収入を得られる見込みがある
・その額の変動幅が小さいと見込まれる

という要件を満たせば、申請できます。

これは、小規模個人再生と違い、貸金業者の決議が必要ありません

なので、再生計画案の認可が小規模個人再生よりも簡単です。

しかし、弁済額の面から見ると小規模個人再生を選択した場合の規定額より高く可処分所得要件(手続き後の弁済額が手取収入額から、最低限度の生活を維持していくために必要であると考えられる費用を差し引いた額の2倍以上の金額であること)を満たさなければなりません。

小規模個人再生の方が弁済額を少なくすることができるため、少々手続きが面倒でも給与所得者等再生より小規模個人再生を選ぶ人が多いのが現状です。

また、再申請
・以前の再生計画案が認可された日から7年を経過していない場合
・自己破産が確定した日から7年を経過していない場合

などは、給与所得者等再生は受けられません。

小規模個人再生に債権者の反対が理由で失敗してしまった場合に、給与所得者等再生をして解決を図るというのが一般的な流れです。

【関連記事】個人再生とは?費用や流れ、デメリットのわかりやすい解説

【関連記事】小規模個人再生とは|個人再生の種類

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • 個人再生の体験談|過払い請求を含めた小規模個人再生 M永さん(51歳男性)の個人民事再生(過払い金請求を含めた小規模個人再生)の体験談。自分でいくら借りたかわからないくらいカードキャッシングをしてしまったそうです。(9枚のカードで500万円)A社で借りられなければB社から借りて返す……

  • 個人再生を申し立てるために必要な条件

    個人再生に必要な4つの要件と個人再生にかかる費用 個人再生(個人民事再生)を申し立てるために必要な条件や費用をまとめました。1.支払い不能の見込みがあること2.債務者が個人であること3.債務者が継続的にまたは反復して収入を得る見込みがあるもの4.借金の総額が5000万円を超えていないこと。費用は、印紙代

  • 個人再生の再生委員とは?何をする人?

    個人再生の再生委員とは?何をする人? 個人再生委員とは、個人再生手続きを監督するために裁判所から選ばれる人(弁護士)のことです。個人再生委員は裁判所の補助機関として、貸金業者と個人再生の申立人の間に入りあくまで中立の立場で個人再生手続きを進めていきます。再生委員の報酬ややることを紹介しています。

  • 2回目の債務整理は自己破産か個人再生

    2回目の債務整理は、自己破産か個人再生がおすすめ 過去に債務整理をしている場合でも、債務整理をすることは可能です。しかし、二度目となると貸金業者が和解に応じてくれない可能性も高くなります。二度目の債務整理は、裁判所を通して行う自己破産や個人再生をおすすめしています。実際に2回債務整理を行った方の体験談も掲載

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る