個人民事再生後に返済をしないとどうなる?

親戚のおじさんが個人再生をしたんだけど、その後の返済が難しくなってきているみたい。

返済が遅れると、おじさんはどうなっちゃうの?!

返済計画にそって返済しないと、個人再生は失敗してしまう。

どうしても困難になった場合は、2つの救済手段があるので、知っておくといいよ。

個人再生後、返済ができなくなった場合の救済手段

個人再生手続きで再生計画が認可された後、3年間(最大5年間)の返済期間途中に返済が困難になると、個人再生は失敗してしまいます。

返済が滞った場合、2つの救済手段も適用可能です。

それぞれどのような手段なのか見ていきましょう。

1) 再生計画案の変更

2) ハードシップ免責

再生計画案の変更

再生計画案の変更とは、当初の再生計画案の返済期限を最大2年間延長し、毎月の返済額を少なくさせる方法です。

裁判所に変更を申し立てることで、最長5年に返済期間を延長することが可能です。

再生計画が認められる「特別な事情」とは?

・こどもの養育費の増加
・家族の病気による医療費負担の造花
・解雇され収入が激減した

など収支の状況が変わる出来事があると、再生計画の変更が認められます。

裁判所に申し立てる前に、個人再生手続きを依頼した弁護士さんに相談した方がいいと思うよ。

返済計画変更の例

例:再生計画案

返済期間3年間、返済総額100万円、毎月の返済金額 2,8万円

例:修正後の再生計画案

返済期間5年間、返済総額100万円、毎月の返済金額 1,7万円

期間を伸ばしても返済ができない場合、ハードシップ免責を利用するか別の債務整理手続きをする必要があります。

ハードシップ免責とは?

ハードシップ免責という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

返済の途中になんらかの事情で生活が苦しくなり、どうしても支払いを続けるのが難しい場合、借金の残高を免責してもらうことが可能です。

これをハードシップ免責と言います。

しかし、このハードシップ免責は誰でも利用ができるわけではありません。

一定の条件を満たすと、残りの債務が免除になる方法です。

ハードシップ免責を受けられる条件

●債務者の責任ではなく再生計画の遂行が極めて困難な状況に陥っていること

●再生計画を変更したとしても、遂行が極めて困難な状況であること

●再生計画の4分の3以上をすでに弁済していること

●債権者の一般利益に反しないこと

かなり厳しい条件が課されているので、実際この制度を利用できる方は少ないそう。

また、ハードシップ免責を希望する際、裁判所に免責申立書を提出する必要があります。

申立書には借金が返済ができない事情などを記載し、証明する書類の添付が必要になります。

最初からハードシップ免責を狙っての利用をすることはおすすめできませんが、個人再生に一度失敗したとしても、必ず解決できる方法はあります。諦めずに、解決方法を探していけば、必ず自分に合った選択ができます。

自分一人で悩まずに、司法書士などの専門家に個人再生について相談してみると驚く選択肢と出会うかもしれません。


個人再生に失敗したら?小規模個人再生で債権者の反対が出た場合へ戻る

ギャンブルが原因だと、認められません

借金、ギャンブル

当然といえば当然のようですが、ハードシップ免責の要件は厳しく、本当に最後の手段とされています。

個人再生で返済するお金がなくなった理由が、家計がずさんだったり、ギャンブルをしたことによって返済ができなくなったりした場合は、ハードシップ免責は認められないとなります。

そして、家計がずさんだったり、ギャンブルをしたことによって返済ができなくなったりした場合など、正当な理由がないのに返済が遅れると、貸金業者は再生計画の取消してもらうように裁判所へ申立てができるのです。

個人再生の失敗=減額した借金が元の金額に戻る

もし、貸金業者から再生計画の取消しの申立てがされると、個人再生の申立人が受けた利益はなかったこととされます。

具体的にいうと借金が個人再生をする前の金額に戻ってしまいます。

場合によっては、貸金業者から再生計画の取消しの申立てがされることで、裁判所は、個人再生の申立人の意思にかかわらず、職権で破産宣告をすることができます。そうなると、自宅も手放すことになるでしょう。

大変な思いをして書類を作成したり書類を集めたり、時間も費用もかけて個人再生の申立てまで行ない、再生委員ともやり取りをして長期間に渡った手続きもすべて無駄になるのです!

そのため、個人再生が裁判所に認められた場合は、再生計画に従って家計管理を行ない、しっかりと返済を継続することが大切になります。

ただし、生活状況の変化などで、どうしても返済を続けていくことが難しくなってしまったときは、絶対にそのままにせず、司法書士などの債務整理の専門家へ相談してください。

返済が困難になってしまった人のための相談フォーム

 

個人再生の失敗談|特定調停と個人再生に失敗した人にインタビュー

自営業を営む53歳のI島さんに旦那さんの特定調停と個人再生の失敗談を語っていただきました。

I島さんの旦那さんが個人再生をすることになったきっかけを教えてください。

I島さん:経営していた会社が不況の影響で仕事が減り、収入が激減したためです。

会社の経費を賄うために、会社名義での銀行からの借り入れだけでは不足するようになり、かといって、銀行からさらに借入ができるほど信用状態はよくはありませんでした。

サラ金のカードを主人が持っているのに気づいたときは「まずいのでは」と心配になりました。

「生活程度を落とすぐらいなら借入したほうが良い」というのがそのころの主人の態度でしたので、こうなるのも時間の問題でした。

どこからどのくらいお金を借りていたか? 教えてください。
借入先金額
住宅金融公庫
(住宅ローン)
2400万円
ジャックス100万円
セゾン80万円
NTTリース50万円
シンキ40万円
JCBカード
(キャッシング)
40万円
アコム20万円

I島さん:住宅ローンで2400万円。ほかに消費者金融やカードキャッシングなどで330万円。合わせて2730万円の借金がありました。

どういった流れで個人再生に踏み切ったのでしょうか?

I島さん:まず、住宅ローンを除く各借入先へ過払い金の調査をして返還請求をしたところ、50万円ほど戻ってきました

残債は、特定調停の申し立てをしたんです。

【関連記事】特定調停とは?デメリットや流れ、費用を日本一わかりやすく解説

それでも毎月の返済金額は住宅ローン7万円と各ノンバンクの和解金の返済額が8万円程度でした。

毎月15万円の返済だったんですね。大変でしたね。

I島さん:いえ、会社名義の銀行借り入れの返済金額も毎月15万円ほどありましたから、月々30万円は返済にあてられるという大変さでした。

特定調停はしたもののこれでは返済しきれないと思い、個人再生へ切り替えました。

そうでしたか。個人再生や特定調停など債務整理の手続きは個人でされたのですか?

I島さん:特定調停は、私の仕事上での先輩に当たる司法書士さんへお願いしていましたので、個人再生についても同じ司法書士さんへお願いしました。

その方を通じて弁護士を紹介していただき、個人再生に取り組むこととなりました。

その司法書士さんは主人とも気が合うようで、以前から仕事上の新しい取り組みなどについてもアドバイスをいただいておりましたご縁がありました。

会社で主人と一緒に取締役を務めていた方も、結局その司法書士さんに特定調停をお願いすることとなった経緯もありました。

個人再生をしたら、どれくらい借金が減ったのでしょうか?

I島さん:住宅ローンはそのまま。マイホームも残せました。

その他の債務は3年間で返済できる見込みということで、80万円ほど減額にはなったようですが、思ったよりも減りませんでした。

200万程度は残るものなのでしょうか。半年ほどはなんとか返済していましたが、主人が交通事故にあい、入院、通院などせわしなくしておりましたうえにさらに収入が減ってしました。

住宅ローンの返済が遅延するようになり、結局住宅は競売で親戚に落札してもらい、他の返済はのらりくらりしていたところ、3年ぐらいは催促が来ました。

その後は、シンキが年に2度ほど請求書を送ってくる程度で、他は何の催促もなくなってしまいました。

債務整理にはどれくらい費用がかかりましたか?

I島さん:まず、司法書士は知り合いでしたので、特定調停費用としては過払い金返還の中からの20万円で全部やってもらいました。

個人再生のほうは紹介いただいた弁護士に月3万円を3年間、払ったのではないかと思います。108万円ですね。高かったですね。

そうですね。

・個人再生の費用の相場は(初期費用)+(報酬金額)30万~50万円

・特定調停の費用の相場は1社あたり1000円以下(自分でやれば)

なので、少し高かったかもしれません。
個人再生をやる前と後でなにか変わったことはありますか?

I島さん:結局のところ、個人再生も失敗に終わったわけですが、住宅は親戚名義で、親戚名でのローンを私どもが支払っています。

もちろんそのまま住んでおります。月7万円だった住宅ローンは5万円になっております。

その他の支払は、要はばっくれてしまっている状態なので、しはらっておりません。

現在は主人は、クレジットカードも持てませんし、銀行ローンも組めません。

サラリーマンではなく、自営業ですのでやはり、何かと苦労しております。

しかし、個人再生そのものはいい制度です。きちんと返済できるよう頑張ったほうが将来のためだと思います。

個人再生をすると、10年以内は信用情報に事故情報が加わるので、それまでお金が借りられなってしまうんです。個人再生のデメリット

I島さん、ありがとうございます。

【関連記事】個人再生とは?費用や流れ、デメリットのわかりやすいまとめ

 

個人再生について専門家に相談したい方はこちら(無料メール相談)

 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • 任意売却しても自宅に住み続ける方法とは?

    個人民事再生とブラックリスト|10年程度、事故情報が残る 残念ながら、個人民事再生を行うと自己破産と同様に信用情報機関のブラックリストに事故情報として掲載されてしまいます。そのため約10年は新規でカードを作ったり、新たにローンを組むことができません。

  • 個人民事再生と自己破産の違い

    個人民事再生と自己破産の違い 個人民事再生は、マイホームを残して、減額された借金を3年間で返済していくというものですが、自己破産は家や車など、価値があるものは処分され、変わりに借金が帳消しになるという手続きで、最後の手段として検討すると良いでしょう。

  • 債務整理・過払い金請求で誤解や勘違いしやすい5つのポイント

    債務整理・過払い金請求で誤解や勘違いしやすい5つのポイント 債務整理や過払い請求のご相談に来られる方の中で、よく勘違いしていること・勘違いしやすいことをまとめてみました。①①必ず借金が減る(無くなる)と勘違いしている②②住民票や戸籍に記載される・選挙権がなくなると勘違いしている③③家族や身内に影響が出てしまうと勘違いしている

  • 小規模個人再生で債権者の反対が出たらどうする?

    小規模個人再生で債権者の反対が出たらどうする? 小規模個人再生は、債権者から過半数以上の反対が出てしまうと、裁判所は個人再生の認可を出すことができず、失敗ということになります。債権者から反対が出た場合は、給与所得者等再生という方法で、再度申し立てをすることになります。

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る