裁判(訴訟)と調停の違い|債務整理や過払い請求の場合

話し合いで解決するか、裁判官に判決を求めるか?

裁判(訴訟)と調停の大きな違いは、話し合いで解決できない場合、裁判官に強制的に判決を出してもらうか、終始話し合いだけで解決を図るかということです。

裁判と調停の違い(債務整理・過払い請求)

裁判というのは、お互いがお互いの意見に全く同意できず、最終的に裁判官が判決を出して、強制的に事件を解決させます。これに対し、調停の場合はあくまで話し合いなので、どちらか一方でも納得できなければ、調停は不成立という形で解決しないまま終わります。

裁判は、どちらかが納得しようがしまいが、裁判官がお互いの主張・証拠を見た上で、強制的に結論を出してしまいます。

一方、調停はあくまで話し合いで解決を図るため、債務整理や過払い金請求の手続きとして個人で調停手続きをやっても、なかなか貸金業者は合意してくれません。

裁判と調停では、申し立て時の費用も異なる

これが裁判ならば、貸金業者がいやだと言っても、申立人(借り入れした人)の言い分や証拠が正しそうならば、裁判所は申立人の言い分を認めてくれます。

もちろん、裁判手続きの中でも、お互いが譲歩し合い、話し合いで解決できるならば、裁判官の判決を待つことなく和解で、穏便に解決できます。

このように、裁判所が強制的に判決で判断するか、それとも話し合いでお互いが合意したときだけ解決できるかが、裁判と調停の大きな違いになります。

その他に、裁判と調停の違うところは、申し立て時の費用です。申し立てのときに必要な収入印紙が、調停の場合は訴訟の半額で済みます。

例えば、100万円の過払い金を請求するときに、裁判手続きだと1万円の収入印紙が必要ですが、調停ならば5000円で足ります。その他の費用に関しては、あまり変わりません。

裁判と調停では、申し立てる裁判所の種類も違う

裁判の場合、円を超える請求をする場合に、地方裁判所に申し立てをします。円以下の請求ならば、簡易裁判所にします。これが調停の場合は、請求額に関係なく、簡易裁判所に申し立てを行ないます。

【関連記事】過払い金返還請求訴訟とは?過払い訴訟のデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • まちゃまちゃの過払い金125万円は取り戻せるのか? お笑い芸人のまちゃまちゃさんが過払い金125万円をかけて過払い金請求(過払い請求訴訟)を行います。借金総額は325万円。10年前に完済していますが、29.2%という高金利で借りていたので、借りた額は160万円でも、返済額は325万円に膨れ上がっていました。

  • 過払い金返還請求訴訟について

    過払い金返還請求訴訟とは?過払い訴訟のデメリット 過払い金返還請求訴訟とは、消費者金融やカード会社などの貸金業者が提示した過払い金に納得できない場合、借金をしている(していた)人が貸金業者に対して、過払い金の返還を求めて起こす訴訟のことです。訴訟のやり方と流れ/費用は?/個人でできる?/どんなデメリット

  • 過払い請求を個人でやる注意点とデメリット

    過払い請求を個人でやるデメリットと注意点 過払い請求を個人でやろうとした時に失敗しないためのポイント(注意点)やデメリットをまとめました。過払い請求の第一歩として、貸金業者には過去~現在までのすべての取引履歴出してもらう必要があります。過払い金の引き直し計算をした取引履歴を送ってくれる親切な業者もあれば

  • 過払い請求訴訟は、どの裁判所に訴える? 過払い請求で裁判を起こすのであれば、まずは貸金業者に請求する金額によって管轄となる裁判所の判断をすることになります。請求額が140万円を超える場合は地方裁判所。それ以下であれば簡易裁判所に訴えることになります。原告(裁判を起こす人)の住所地にて訴えを起こすことができます。

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る