債権者破産(債権者破産申立て)とは?借りた相手に破産させられる

フゥーハハハ!
お前も自己破産にしてやろうか!?

ちょっと博士!どうしちゃったの?

ゲームの『STEINS;GATE』とバンドの『聖飢魔II』の影響受けちゃって……驚かせてごめんね。

自己破産は自分で(弁護士に依頼することも可能)裁判所に破産を申し立てる手続きなんだけど「債権者破産」といって

債権者(お金を貸してくれた貸金業者)が債務者(お金を借りる人)の破産を申し立てることも認められているんだ。

債権者破産はリスクも大きいからほとんど利用されることがないんだけどね。

貸金業者側が破産を申し立てる「債権者破産」

自己破産を申告できるのは実はお借り入れをした人だけではありません。貸金業者側も破産を申し立てることができる「債権者破産」というものがあります。

債権者破産債権者申立て債権者破産申立ともいう)とは、債権者(お金を貸した側)が債務者(お金を借りた人)を破産させることで、残っている財産から配当を受け貸金業者の望むような取引ができるようにする手続きです。

債権者破産の流れと債権者側のデメリット

債権者破産は通常の自己破産と違い、裁判所が選任した破産管財人(破産財産の処分や管理をする人)に「貸金業者が借金した人に対して貸付があること」を認めてもらう必要があります。

借金をした人が財産を隠している、または不当に財産を減少させているという事態を防ぐため、破産管財人によって、残っている財産を収集・換価することによって、貸付分を回収できるようにします。

そうすることで、たとえ満額でなくても一部を回収できます。

借金した人が財産を隠したり、財産を減少させたりすることは破産犯罪扱いとなる可能性があるので、自己破産することになった方は注意が必要です

また、貸金業者から破産の申し立てをする場合、予納金が高くついてしまうのがデメリットと言えるでしょう。

予納金とは、破産手続き費用を確保するために先に支払うお金のことです。

自主的に自己破産する場合も用意するもので、予納金がなければ破産手続きの申し立てが却下されてしまいます。

【関連記事】自己破産すべき人とは?借金で死ぬな!手続き前に知りたいことまとめ

債権者破産の予納金の目安

予納金は、負債総額がどれくらいあるかによって裁判所ごとに決められています。

基本的には印紙代2万円や切手代に加え、負債総額によって予納金は変化します(ただし少額予納金の場合は基本的に20万円)。

・免責の申し立て500円
・個人自己破産および免責申立 1500円
・法人自己破産申立 1000円
・債権者破産申立 2万円に

上記に加え

全体の負担額債権者が用意する予納金(債務者が法人の場合)債権者が用意する予納金予納金(債務者が個人の場合)
~5千万円未満100万円80万円
5千万円以上~1億円未満200万円150万円
1億円以上~5億円未満300万円250万円
5億円以上~10億円未満400万円400万円

が必要になります。

うへえ。こんなにかかるのにお金が返ってこなかったら貸した側も大変だ!

なお予納金は財産の回収が成功した際に優先的に返還されますが、回収が失敗したときは債権者が自己負担をしなければいけなくなります。

そんなに多くのお金が回収できるわけじゃないし、予納金が返ってこなくなるリスクも大きいので個人相手に債権者破産を申し立てられることはほぼないと考えていいでしょう。

「毎月の返済が厳しく、自己破産も検討している」という方は、法テラスの無料相談を利用してみてください。

また、失業中や働けない状態でなければ(返済能力があれば)、自己破産しなくても、よりデメリットの少ない方法で借金問題を解決できるかもしれません↓↓

【関連記事】自己破産したくない人が借金を解決する方法|任意整理できる?

法テラスの「民事法律扶助制度」が使えれば、相談無料&費用を立て替えてもらえる

国が設立した「日本司法支援センター 法テラス」に問い合わせれば、無料で情報提供を受けることができます(法制度に関する情報、相談先を教えてくれる)。

また、資産や月収が一定以下の場合、下記のメリット(民事法律扶助制度)もあります。

・無料で専門家の相談を受けられる
・費用の立て替えを受けられる
・費用を抑えられる
・分割払いで費用を支払える

「民事法律扶助制度」を受けられる資産や収入の基準

民事法律扶助制度を受けられる基準

画像出典:https://www.houterasu.or.jp

法テラスへの問い合わせ

電話:0570-078-374
→平日9:00~21:00/土曜9:00~17:00

メールでの問い合わせはこちら

【関連記事】法テラスで自己破産する方法やデメリット

 

LINEで「過払い金チェックや借金の相談」ができるようになりました!

下記のボタンをタップして「博士の相談室」を友だち登録すると、LINEで無料の過払い金チェックや借金の相談を受けられます。
受付時間:9:00~19:00(土日・祝も対応)時間外のメッセージは、折り返します

LINEで過払い金チェック&相談

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • 個人民事再生と自己破産の違い

    個人民事再生と自己破産の違い お前も自己破産にしてやろうか!?債権者破産(債権者申立て・債権者破産申立ともいう)とは、債権者(お金を貸した側)が債務者(お金を借りた人)を破産させることで、残っている財産から配当を受け貸金業者の望むような取引ができるようにする手続きです。通常の自己破産とは

  • ギャンブルの借金でも自己破産できた体験談|裁量免責がおりた お前も自己破産にしてやろうか!?債権者破産(債権者申立て・債権者破産申立ともいう)とは、債権者(お金を貸した側)が債務者(お金を借りた人)を破産させることで、残っている財産から配当を受け貸金業者の望むような取引ができるようにする手続きです。通常の自己破産とは

  • 自己破産したら家財道具に赤紙・赤札を貼られるの?

    自己破産すると家財道具に赤札を貼られて差し押さえられる? お前も自己破産にしてやろうか!?債権者破産(債権者申立て・債権者破産申立ともいう)とは、債権者(お金を貸した側)が債務者(お金を借りた人)を破産させることで、残っている財産から配当を受け貸金業者の望むような取引ができるようにする手続きです。通常の自己破産とは

  • 借金を帳消しにする方法|自己破産のデメリットと費用

    借金を帳消しにする方法|自己破産の費用とデメリット お前も自己破産にしてやろうか!?債権者破産(債権者申立て・債権者破産申立ともいう)とは、債権者(お金を貸した側)が債務者(お金を借りた人)を破産させることで、残っている財産から配当を受け貸金業者の望むような取引ができるようにする手続きです。通常の自己破産とは

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る