『破産者マップ』とはなんだったのか?

2019年3月『破産者マップ』というサイトとGoogleマップ(編集されたマイマップ)が公開された。

破産者マップには、直近約3年間の官報に掲載されている自己破産・個人再生・特別清算をした人や企業の情報が記されており、マップ上のピンをおすと破産者の氏名(社名)住所などが表示された。

事故物件を掲載してる『大島てる』みたいなものかしら?

自己破産した人は、生きている。人生を再スタートさせて普通に暮らしてるんだ。

「破産」というネガティブな情報を、興味本位で探したくなるマップ形式で公開するなんて、とんでもない悪趣味だ。

破産者マップとは?官報の自己破産者データをマップ化したもの

2019年3月15~20日にかけて、当サイト(シャッキン博士と学ぶ借金解決)を訪れる人が急増した。

よく読まれていたのは「官報とは?自己破産や個人再生で官報に載ってもバレない理由」「自己破産後の生活はどうなる?父が自己破産した娘が語る!」という2つの記事。

閲覧者が増えたのは『破産者マップ』というサービスがSNSやメディアで話題になり、「自己破産」や「官報」について検索する人が増えたことが原因だった。

破産者マップとは?

破産者マップとは、同名のサイト( http://www.hasanmap.tokyo )と、Googleマップに情報を加えたもの(マイマップ機能)。

※3月26日現在、どちらも公開停止(閉鎖)中

マップ上のピンをクリックすると、官報に掲載されている「直近約3年間の破産申立・再生申立・特別清算申立をした人の氏名(会社の場合は会社名)、住所、事件番号、官報の公示日、管轄の裁判所名」などが表示された。

博士もマイマップ機能をつかって「おいしかった店」「行ってみたい店」などのリストをつくっているけど、こんなかたちで悪用されるとは思ってもいなかった。

「破産者マップ事件」の経緯

3月15日以前(不明):破産者マップ 公開
3月15日:運営者がTwitterをはじめる、「破産者マップ削除申請フォーム」公開
3月16日:1時間あたり230万アクセスを超え、サーバーが落ちる。メディアからの取材要請がくる
3月16日:15秒に1秒のペースで削除申請がくる。「破産者マップ削除申請フォーム」に本人確認書類まで送った人が800名を超える
3月18日:サーバー落ちる。破産者マップの運営者が閉鎖の旨をツイート
3月19日:破産者マップ 閉鎖

※破産者マップの運営者のツイートをもとに作成

破産者マップの問題点

・プライバシーの侵害
・いじめや自殺、差別につながる可能性がある
・闇金業者に悪用される(借りられない状況なのに、お金を貸してくる)可能性がある
・(現在は閉鎖されている)「破産者マップ削除申請フォーム」には、生年月日や電話番号、破産に至った経緯や破産後の生活などを書く欄があり悪用される可能性がある
・住所・氏名などの個人情報を取得するのに、サイト運営者が利用目的の公表等などを行っていない
・個人の破産情報を第三者に提供しているのに、本人の同意を得ておらず、個人情報保護法の除外事由も満たしていない
・官報情報検索サービスのデータを個人的な仕様の範囲を超えて利用することは禁じられている
・官報情報検索サービスのデータをプライバシーを侵害する行為(または侵害するおそれのある行為)に利用することは禁じられている

※サイト運営者は「紙起こしの職人さんにお願いしています」とコメントしている(ネット版ではなく、官報からデータを取って使っていると主張)

破産をしたことは事実でも、興味本位で見られるマップにデータを掲載するのは、よくない。

普通の人は、官報を見る機会なんてないんだから。

自己破産したことは、人にバレるの?

自己破産個人再生を行うと、国が発行する機関紙『官報』に情報が掲載される。

官報とは、行政機関の休日を除くほぼ毎日のように国が発行する、新聞のようなもの。

官報の号外 → 公告 → 裁判所 → 破産、免責、再生関係というところに、自己破産や個人再生をした人の名前や住所などが掲載されている。

直近30日分の官報は、インターネットで無料で閲覧できる。有料の「官報情報検索サービス」を利用すれば昭和22年5月3日以降の官報をさかのぼって検索できる。

官報の破産や再生関係の欄を見ている人は、闇金業者や信用情報機関、区や市役所の税担当者くらいだから

家族や知人が官報を見て破産したことを知られる…… というケースは本来ほとんどないはずなんだ。
マップにしたら「自宅や今いる場所の近くに、破産した人はいるかな?」って興味本位で調べる人がたくさんいただろうね。
だからバズってサーバーがパンクしたのね。

サイト運営者は「ネガティブな感情はない」って言ってるし、破産をしたことは事実だし、興味本位で検索して差別する人も悪いけど…… すっごく不快だわ。

破産者マップの被害者のつぶやき

被災して半年間働けず、自己破産せざるを得なかった人。多額の借金を背負わされ、精神的にボロボロになりながら自己破産した人。破産者マップのせいで、周りを気にしながら生活しなければならなくなった人。珍しい苗字&地域に人が少なく、会社で破産したことを知られてしまった人……

Twitterには破産者マップに掲載された人のつぶやきが多く寄せられた。

被害対策弁護団が発足された

3月18日には、弁護士による「破産者マップ被害対策弁護団」が設立され、クラウドファウンディングも始まった。

現在もクラウドファウンディングは進行中で、3月26日時点で支援者は350人を超え161万円以上が集まっているのね。
マップやサイトが閉鎖したあと、今後このお金はどう使われるんだろう。

サイト運営者への名誉棄損や個人上保護法違反での告訴や告発を検討しているそうだけど……

個人を追い詰めて破産させるようなことは起こらないでほしい。
今後、大きな動きがあればこの記事を更新するよ。

自己破産とは?

2006年に貸金業法が改正され、上限金利は下がり、貸金業の適正化が行われた。しかし近年では、銀行カードローンの過剰融資が話題になり、自己破産の件数はここ3年連続で増加している。

平成30年(2018年)には、年間7万3048人が自己破産を行った。

当サイトでは、自己破産や個人再生など借金の悩みを解消する記事を数多く掲載している。

自己破産すべき人とは?借金で死ぬな!手続き前に知りたいことまとめ
>>自己破産に関する記事一覧

個人再生とは?費用や流れ、デメリットのわかりやすいまとめ
>>個人再生に関する記事一覧

また債務整理に強い司法書士事務所と提携し、無料相談も行っている。

>>24時間受付。匿名OKのメール相談はこちら

匿名OK。直接話せる電話相談はこちら↓↓

   
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • 自己破産のデメリットとメリットとは?

    自己破産の5つのデメリットとメリットを比較してみる 自己破産とは、借金をしている人が裁判所に「破産申し立て」することで借金返済の義務を免責(免除)してもらい、借金をゼロにする手続きです。借金が帳消しになる代わりに5つのデメリットがあります。信用情報に事故情報が5~10年残る、20万円以上の財産は原則として

  • 自己破産する前に知りたい5つの注意点

    自己破産する前に知りたい5つの注意点|保証人や口座について 自己破産の注意点をまとめました。1.嘘をつくと免責がおりなくなる2.連帯保証人(保証人)に連絡するべき3.免責がおりるまでの間の職業・資格制限4.(場合によって)給与の振込先の変更 5.(場合によって)光熱費や水道代の引き落とし方法の変更 など。

  • 自己破産の家族への影響|ローンは組める?進学や就職は?

    自己破産の家族への影響|ローンは組める?進学や就職は? 自己破産は原則、申し立てをした本人に対してのみ効果があり、家族への影響はほぼありません。ただし、家族の誰かが連帯保証人・保証人になっている場合、自己破産した本人が免責(自己破産を裁判所に申し立てて借金の返済義務を免除してもらう)を受けても、取り立てがきてしまいます

  • 自己破産手続きの流れと必要書類

    自己破産手続きの流れと必要な書類|自分で自己破産したい人必見 自己破産の申し立てから免責の決定(借金の支払い義務が免除される)までは約4~6ヶ月かかる。自己破産に必要な書類と自己破産の2つのパターン(破産管財人事件と同時廃止事件)の流れを紹介。自己破産することになったら、まずは書類集めから始める。住所地管轄の地方裁判所で

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る