返済中の借金に過払い金請求できますか?

返済中の借金に過払い金請求できますか?

たとえ返済中であったとしても、過払い金が発生しているのであれば返済を途中で切り上げ、貸金業者に対して過払い請求をすることは可能です。

過払い請求というのは、完済していなければできないわけではありませんので、取引期間が長期におよぶ方は、過払い金の有無を確認してみるようにしましょう。

過払い金の有無が10秒でチェックできる!無料過払い金計算機

過払い金が見込める取引期間は5年~7年

おおまかにですが、過払い金の発生が見込める取引期間は5~7年ほどです。

特に、過払い請求が初めて認められた平成18年より以前に取引があった方は、過払い金が発生している可能性が非常に高いです。

平成18年以前に取引があり、現在、もしくは最近まで返済を繰り返していたという方は、数百万円の過払い金が発生していることもありますので、必ず過払い金の有無を確認してみてください。

取引履歴の取り寄せは誰にでもできる

過払い金の有無を調査するためには、まず貸金業者と自分との取引履歴を取得しなければなりません。

この取引履歴は、たとえ返済が継続中であっても、開示請求をされた貸金業者は必ず開示しなければならないことが金融庁のガイドラインにて定められていますので、どのタイミングでも取得をすることが可能となっています。

【関連記事】過払い請求の前に!個人で取引履歴を開示請求する方法

取得した取引履歴を眺め、過去の利率が15~20%以上となっていた場合は、過払い金を算出する引き直し計算をすることによって、正確な金額をはじき出すことができます。

計算や請求に自信がない場合は専門家へ

過払い金の計算や請求というのは、もちろん個人が行うことも可能です。
専門家に依頼をしなければいけないわけではありません。

しかし、専門家であればより確実な計算と請求を実現してくれますので、どうしても自信が持てない場合は専門家の手を借りてしまうようにしましょう。

過払い金が発生しているのであれば、専門家への費用はすべて回収した過払い金から捻出することが可能なので、実質負担額は0円で手元に過払い金が返ってくることになります。

過払い金で借金がゼロになればブラックリストに影響ナシ!

返済中にあるにも関わらず、いったん支払いをストップし、過払い請求をするとなれば、返済の遅延によって信用情報に事故情報が登録されてしまう心配があります。

いわゆるブラックリストと呼ばれるものですが、過払い請求で借金がゼロになる場合はブラックリストに登録されてしまうようなことはありません。

たとえ返済中であっても、過払い金の発生が判明したのであれば、もう返済を継続する必要は一切ありませんし、ブラックリストへの登録などによって自身に不利益が被られることもありませんので、安心して過払い請求をしてください。

返済中の借金を過払い請求して、借金がゼロにならなかった場合(借金の減額のみの場合)は任意整理扱いなることがあります。

しかし、過払い金が発生している貸金業者だけを対象にすることで、任意整理扱いを回避することが可能です。

また、過払い請求をしないほうが良いケースを心配される方もいるかもしれませんが、過払い請求をしないほうが良いケースなんてものはありません。

過払い金とは、本来、貸金業者側が得るはずではなかった不当な利得です。

デメリットは、請求先の貸金業者とはもう取引ができなくなってしまうことくらいで、将来的に他社との取引や契約についても支障が出ることはありません。

また、過払い金は貸金業者と最後に取引してから10年経つと時効が発生してしまいます。時効になるとたとえ100万円の過払い金が発生していても取り戻すことができなくなってしまうので、過払い金に平成18年以前に借金やカードキャッシングの経験がある方は、過払い金がないか今すぐ確かめてみてください。

   
   
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • 過払い金の時効援用とは?消滅時効を喰い止める方法

    過払い金の時効援用とは?消滅時効を防いで期限を伸ばす方法 過払い請求するには取引終了から10年(完済後の場合は「完済した日の翌日から10年」返済中の場合は「最後に借り入れor返済した日の翌日から10年間」)という時効があります。消滅時効を防いで、時効を伸ばす方法を解説。一定期間が過ぎると、時効援用されて過払い金を

  • 借金の取り立てが怖い|悪質な取り立ては法律違反 借金の悪質な取りたては、法律で禁止されています。現在、早朝や夜間に督促をされていたり、勤務先にまで連絡をされているなどの、取り立て行為を受けている方は、専門家にご相談ください。債務整理をすれば、取り立ては止まります。

  • 債務整理を依頼する弁護士・司法書士の探し方

    債務整理・過払い請求を相談する弁護士、司法書士事務所の探し方 失敗しない!債務整理を依頼する弁護士、司法書士事務所の探し方とは?インターネットで探す場合は、特に「費用が明確、顔写真がある、無料相談をしている、お客様の声がある」がポイントになります。

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る