借金と一括返済|一括返済できない・したい場合どうする?

一括返済を求められたけどできない時、一括返済したい時にどうするか?

借金の返済が遅れ「一括請求で返済しろ!」という事態になってしまった。また、臨時収入があり、この際借金の一括返済に充てたい、などといった場合、どんな手続きを踏めば良いのでしょうか?

一括返済ができない場合・できる場合について、それぞれの対処法をまとめましたのでご参考ください。

返済が予定通りにできなくなった場合の対処法についても解説しています。

一括返済できない場合

借金を滞納してしまい「一括返済しろ!」と請求されてしまいました。毎日のように電話がきますし、督促の郵便も来ています。しかしながら、現在とても一括で支払えるような資金がありません。

私は一体どうしたらいいのでしょうか?

そんなときは借金問題解決の専門家である弁護士や司法書士に相談をするといいかもしれません。

専門家に債務整理を依頼した場合、専門家から債権者に向けて介入通知(受任通知)が送付されます。この通知が送られた債権者は、債務者に対して直接の請求をすることができなくなり、請求の電話や郵便に悩まされることがなくなります。

さらに、専門家が返済額や期間について、無理のない返済案で債権者と和解交渉をしてくれます。

これを任意整理といい、一括での返済は無理でも、なんとか分割返済ができるように和解契約を結んでくれますので、もう一度返済をやり直すことが可能です。

一括返済したい場合

専門家に債務整理の依頼をして、現在、締結した和解内容にそって分割返済をしています。

今回、大きな金額の身入りがあったので、一括での返済をしたいと考えているのですが、そんなことは可能なのでしょうか?

もちろん可能です。

その場合、返済中も専門家との委任契約が継続している状態であれば、専門家に一言伝えておけばいいですし、継続していない状態であれば、自ら債権者へ電話をし、一括返済したい旨を伝えましょう。

返済計画通りに払えないとどうなる?

現在、任意整理をし、締結した和解内容にそって支払いを継続しているのですが、今月は出費が多く、返済に回す資金を捻出することができません。返済計画通りに支払いができないと、また一括返済を求められてしまうのでしょうか?

返済期間の延長や、1ヶ月返済を待ってもらい、次の月に2回分返済するといった債権者との交渉が必要となります。

一般的な和解契約書には、2回の返済遅滞があった場合に一括請求が可能である旨の「懈怠約款」(※下に用語解説あり)という記載があることが多いので、返済遅滞があれば、また同じように一括で請求をされてしまうことになります。

しかし、完済まで専門家との委任契約が継続しているのであれば、ここでも債権者は直接の請求をすることができません。

和解後においても専門家が介入しているというメリットはとてもあり、上記したような返済期間の延長等の交渉をしてもらうことだって可能です。

このことからも、専門家に債務整理を依頼する際には、委任契約の期間についての確認をしておくことが大切であるといえます。

用語解説:懈怠約款(けたいやっかん)とは?

懈怠約款(けたいやっかん)とは、「返済が滞ってしまったときの決め事」のことをいいます。

たとえ和解契約を交わしているとはいえ、必ず約束が守られるとは限りません。そのため、もしも返済が遅れた場合は、この決め事を実施しますよ、という約束をしておくのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る