借金の取り立てが怖い|悪質な取り立ては法律違反

法律で悪質な取り立ては禁止!専門家に間に入ってもらえば安心

借金の取り立てが怖いという方へ

まず、覚えておいて欲しいのは、貸金業者は貸金業規制法という法律によって悪質な取り立て行為は禁止されています。

消費者金融が行う取り立てってどんなもの?

借金の取立てというと、スーツをきた怖そうな男性が家に押しかけてくる・・というドラマなどで見る光景をイメージしていまいますが、実際に消費者金融が行う取立て(督促)は、こういったものではないようです。

消費者金融(特に大手)は基本的には銀行などと業務提携を結んでいるので、こんな悪質な取立てはないと考えてよいでしょう。

では、消費者金融が行う取立てとはどのようなものでしょうか?

督促の初期段階

メールや、電話、請求書など通信手段を使った方法での督促です。

訪問による回収ですが、これは携帯電話の普及がなかった頃にとても多かったそうですが、携帯電話が普及した今や、家にいる時間の多い専業主婦でも携帯電話を持っているから、などの理由で今は訪問による収は少ないそうです。


以下のような行為をされていたら、法律違反!

・ 午後9時から翌朝8時までは、取り立て行為また、日中のしつような取り立てについても禁止されています

・ 正当な理由なく勤務先に連絡し、または取り立てに押しかけること

・正当な理由なく居住場所以外の場所に連絡し、または取り立てに行くこと

・ 保証人以外の親族や友人など支払義務のない人間や会社に、債務の返済をみだりに求めること

・ 禁止される暴力的な行為(暴力的な態度、大声をあげる、乱暴な言葉づかい、多勢で押しかける)

・ はり紙、立て看板などにより、債務者の借金に関する内容や私生活についてあばくこと

・ 他の業者から借りて返すよう、みだりに要求すること

このようになりますが、それでも心配な方もおられると思います。

『法律では、そうかも知れないけど、実際に貸金業者は法律を守るの?』とお思いではないでしょうか。

そのときは、債務整理の専門家に間に入ってもらうことで、まったく心配は不要となります。

実際に大手の消費者金融や銀行系列の貸金業者であれば、弁護士、司法書士が間に入るだけで貸金業者は本人へ連絡することも法律で禁止されているのでできなくなります。

通常のヤミ金業者であっても同じく弁護士、司法書士が間に入るとそれ以降は一切連絡がなくなることもよくあります。

本当にごく一部のヤミ金業者では、本人へ連絡してくることも考えられますが、本当にごく一部かと思われます。

弁護士や司法書士に依頼をしたら、取り立て・督促は止まる、と考えてOK。

それだけでも精神的に随分ラクになるはず。一人で抱え込まず、専門家へ相談してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • 支払督促や訴状が裁判所から届いたらどうする? Q1,貸金業者からの連絡をことごとく無視していたら、裁判所から支払い督促が届いた!私はどうしたらいいの?Q2,裁判所から訴状が来たら?Q3,裁判所からの書類を放っておいたら?Q4,公示速達とは?支払督促の不安にお答えします

  • 個人民事再生後に返済をしないとどうなる?

    借金を借金で返す人へ|債務整理が緊急に必要なケース 返済を借入金でまかなっている人は、新たな借金を重ねているうえに、元本は全く減っていない状態で、非常に危険です。すぐにでも、債務整理をする必要があります。たとえぎりぎりで払えていたとしても、生活に余裕のない返済は身を滅ぼしかねません。

  • 闇金とは|闇金融の借金に返済義務はない?撃退法や相談先など

    闇金とは?闇金融の借金に返済義務はない?撃退法や相談先など 闇金(ヤミ金・闇金融・闇金業者)とは、国や都道府県に無許可で貸金業を営んでいる貸金業者のことです。貸金業登録をせずに出資法を無視した超高金利でお金を貸したり、脅迫や嫌がらせなど人権を無視した取立てを行います。闇金融を見分ける方法、撃退法や相談先をまとめました

  • ブラックリストに載るか心配

    ブラックリストに載ってしまった場合、削除してもらえるか? 延滞や債務整理をして、ブラックリスト(信用情報機関の事故情報)が掲載されてしまった場合も、5年~10年経てば削除されます。また、間違いがあった場合も信用情報機関に問い合わせれば修正してもらうことができます。3つの信用情報期間(CIC・JICC・JBA)に

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る