家族に内緒で過払い請求する方法|バレない秘訣は法律家まかせ

「過払い請求はしたいけど、家族にはバレたくない」という人がいるけど、どうなんだろう。

私のパパが自己破産した時は手続きに入る前にきちんと話してくれたわ。家族に隠しごとがないほうがいいと思うんだけど。

自己破産の場合は(家や車などの)財産を処分するから家族にも若干影響があるけど、完済した借金に過払い請求する場合は、自分にも家族にも目に見える変化がないからね。

「借金も過払い金のことも誰にも知られたくない……でも過払い金があれば取り戻したい」って気持ちになるのは当然だよ。

バレずに過払い金請求するには、業者を使うといい

家族に内緒で過払い請求する方法|バレない秘訣は「業者まかせ」

お金の悩みは、できることなら誰にも知られたくないですよね。
他人どころか一番身近な人にも言えないような悩み、むしろ身近な人だからこそ言えない悩みと言えるのかもしれません。

家族に内緒で借り入れた借金に過払い金が生じることを知り、家族に秘密で過払い請求したいという方も多いです。

そこで、今回は家族に内緒で過払い請求する方法をお伝えします。

家族バレする原因は、郵便物

借金・過払い金のことを家族にバレずに手続きするには、過払い請求を法律家に依頼することをオススメします。

過払い請求を個人でしようとすると、貸金業者との取引履歴和解書、(より多くの金額を取り返すために過払い返還請求訴訟まで起こす場合は)裁判所からの書類自宅に届いてしまいます。

1.郵便物をチェックした家族が「身に覚えのない業者・差出人から手紙」が届いていると気づく
2.差出人を気になって調べる
3.借金や過払い請求していることが発覚

というケースが多いそうです。

個人で過払い請求をしようとすると、家族にバレやすい!

「家族に知られるのはどうしても嫌」という方は個人での過払い金請求はキッパリと諦め、過払い請求のプロに相談・依頼をするほうが安心です。

弁護士や司法書士が間に入って代理人になれば、交渉窓口はそちらになります。

【関連記事】弁護士や司法書士に頼むと過払い金請求の費用はどのくらい?

法律家に依頼した後は、電話やメールで進捗情報を知ることができ、待っているだけで過払い金を取り戻すことが可能です。

個人で過払い請求すれば取り戻した過払い金の利益を全て自分で受け取ることができますが、業者との交渉がうまくいかなかったり、身内にバレてしまう危険性があります。

【関連記事】過払い請求を個人でやるデメリットと注意点

返済中の過払い請求は家族に相談した方がいいかも

もしも現在、この記事を読んでいるあなたが借金返済中で「過払い金で借金を返そう」と思っている場合は注意が必要です。

過払い金で借金が完済できなければ、過払い請求ではなく任意整理という債務整理の手続き扱いになり、5年程度新たにカードをつくったり・ローンを組むことができなくなります。

借金の額が多い場合は過払い金で返済しきれないかもしれませんし、2010年以降の借り入れでは過払い金が発生していない可能性が高いです。

法律家の無料相談を利用すれば、費用の負担なく無料で過払い金がいくらか調べてもらえます。

返済中の方は依頼するにしてもしないにしても、一度法律家に相談することを強くオススメします

家族に内緒で過払い金請求したい人の相談窓口

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • 過払い金の相続|亡くなった家族の代わりに過払い請求する方法

    過払い金の相続|亡くなった家族の代わりに過払い請求する方法 返済中or完済から10年以内なら、故人に代わって家族が過払い請求できる。家族の借金を相続放棄する前に!通常の過払い請求と違う点とは?相続人が複数いる場合についてどうなるのか?亡くなった家族の過払い請求は「3か月」と「10年」がキーワード……

  • 過払い金請求の依頼先は、司法書士と弁護士どちらがいいの? 過払い請求は自ら行うこともできますが、司法書士や弁護士などの専門家に依頼をしたほうがより多く・確実に過払い金の回収が可能です。過払い金請求の依頼先を選ぶには、3つのポイントがあります。1.過払い金1社あたり140万円の壁2.(訴訟までやって)1円でも

  • 過払い金の税金と過払い利息

    過払い金の税金と過払い利息|20万以下なら確定申告は不要 過払い金は貸金業者へ払い過ぎたお金が戻ってくるものですので、税金がかかることはありません。収入に該当するわけではなく、もともと払わなくてもよかったはずのお金が戻ってくるだけだからです。過払い金には利息をつけて請求可能ですがその場合は税金が取られます。

  • 過払い金に関わる「悪意の受益者」と「みなし弁済」とは?

    過払い金に関わる「悪意の受益者」と「みなし弁済」とは? 悪意の受益者とは、不当な金利だと分かっているのに利益を得ていた貸金業者のことを言います。お金を借りていた貸金業者が「悪意の受益者」だった場合、過払い利息(年5%の利息)をつけて過払い請求することができます。貸金業者は「みなし弁済」を主張しますが、認められないことが

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る