債務整理の費用の相場&費用をおさえる専門家の選び方

債務整理をしたいけど、初期費用などを払う余裕がなくて、相談をする気になれません……

借金が減っても、費用が多くかかるなら、損することになりませんか?!

「どの手続きをするか?誰に依頼するか?」によって費用が変わる

債務整理の費用

借金の返済を考えている方にとって気になるのは、債務整理でどれくらいの費用がかかるのかということだと思います。

お金の返済に困っている状況で、相談のためのお金がどれくらいかかってしまうのかと不安になってしまうと思いますが、実は債務整理の費用の相場について「このくらい」と提示するのはとても難しいのです。

なぜかというと、ひとくちに債務整理をすると言っても、弁護士と司法書士どちらに依頼するかによっても変わってきます。

大まかな傾向としては

■自己破産の場合
(初期費用)+(報酬金額)150,000円~400,000円

■任意整理の場合
(初期費用)+(報酬金額)20,000円~50,000円×貸金業者数+過払い金として貸金業者から返還された金額の約20%程度

■過払い金返還請求の場合
(初期費用)+(報酬金額)返還された金額の約20%程度

過払い請求にかかる費用

■個人再生の場合
(初期費用)+(報酬金額)300,000円~500,000円

※裁判手続き費用は別途でかかります

高額な借金を整理する、もしくは高額な過払い金を請求するために裁判手続きを考えている場合は弁護士に依頼する必要がありますが、その分料金が割高になる傾向があります。

反対に、司法書士に依頼した場合、料金的に比較的安い傾向はありますが、訴額140万円以下の民事事件までしか対応できないというデメリットもありますので、行なう手続きによりけり、一長一短と言えます。

ですが、弁護士と司法書士の違い、債務整理の方法の違い以外にも、依頼する地域や事務所、どの貸金業者からどれくらいの借金があり、返済までにどれくらいの期間が必要なのか、などの状況によっても相場が変動しますので、必ずこの金額が妥当というものではありません。

最近では、自分の置かれている状況で、どれくらいの金額になりそうかの相談を無料で乗ってくれる弁護士・司法書士事務所もあります。

費用をおさえる専門家の選び方

完全成功報酬の事務所を選ぶ

それはずばり、完全成功報酬の弁護士・司法書士事務所に依頼することです。

成功報酬とは、例えば、貸金業者からの督促をストップしたり、交渉をして今後の返済をする場合の利息を0%にしたり、月々の返済額を今よりも抑えたりすることができたら報酬が発生するというものです。

逆にいうと、減額もできない、利息も変わらないという状況であれば報酬は払わくても良いということになります。

初期費用や着手金がかからない事務所を選ぶ

もうひとつ考えられるのは、初期費用がかからない弁護士・司法書士事務所ということです。

通常、事務所は債務整理手続きを進めるにあたって着手金を必要とします。ただし、借金の返済で着手金が払えないということで債務整理手続きができないということで事務所によっては、着手金をなくしているところもあります。

そういった事務所であれば、初期費用もかからず、完全成功報酬なので『借金返済しているよりも費用がかかるんじゃないかと心配』という問題は解決するのではないでしょうか。

債務整理や過払い請求の一般的な費用をまとめた記事はこちらです。

債務整理の費用の相場

一度相談したら、もうそこに依頼しなければならないのではないか?とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、相談した弁護士・司法書士が合わないな……と思ったら、そこに依頼しなければいいのです。

1日も早く、借金の苦しみから解き放たれるためには、お金がいくらかかるか不安に思い続けるより「いくらかかって、借金がいくら減らせるのか?」というものを聞いてしまった方が早いと思います。

元・裁判所職員の管理人からひとこと元・裁判所職員の管理人からひとこと

債務整理の費用を抑えたいという方にオススメなのが、裁判所を通して貸金業者と交渉し借金を減額する特定調停という手続きです。

特定調停は、自分で裁判所に行って申し立てを行い、ベテランの調停委員に相談しながら手続きを行います。

経験豊富な調停委員が全て教えてくれるので、法律の知識がなくても交渉のスキルがなくても大丈夫。費用も債権者(貸金業者)1社(者)あたり1000円以下と格安です。

興味がある方は特定調停での借金解決も視野に入れてみてください。

【関連記事】特定調停とは?デメリットや流れ、費用を日本一わかりやすく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • 自己破産ができる条件と費用

    どうすれば自己破産できる?自己破産の条件(要件)と費用 自己破産が認められるための要件とは、支払不能状態であること。つまり、借金をどうしても返せない状態であると認定されれば、破産が認められます。裁判所が自己破産を申し立てた人の収入や借金の総額などを考慮して、本当に支払不能状態であるかどうかを決めます。自己破産に

  • 任意整理の体験談|過払い金で完済扱い+30万手元に残った アコムとプロミス、そしてモビットの3社から借金をしていました。利用した会社は比較的少ないと思われるでしょうが、総額は約150万円にも登りますので、金額的にはなかなかのものだと思います。結果的に30万円ほど戻ってきましたし、3社とも示談の結果完済するに至りました。

  • アイフル・アコム・レイクに過払い請求した口コミ|完済後 レイク、アコム、アイフルから合計190万の借金をしたK林さん(男性28歳 OA機器営業)。4年半かけて完済した後、司法書士に依頼して過払い請求を行いました。返済した190万のうち、なんと60万円が過払い金だったのです!しかも、交渉がうまくいき、60万円全てが返ってきました

  • 特定調停の費用や必要書類

    特定調停にかかる費用と必要書類(個人の場合) 特定調停は自分で手続きできるので専門家に頼むよりも費用を抑えられます。特定調停を行うための費用は、基本的に収入印紙代と郵便切手代です。また、特定調停の必要書類は「申立書」「印鑑」「印紙代」「郵便切手」「貸金業者の一覧表」です。もし、持っていれば「貸金業者との

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る