任意整理とブラックリスト(信用情報)|約5年はペナルティ

博士、債務整理すると信用情報に事故情報(ブラックリスト)が載るって聞いたんだけど、任意整理だとどのくらいの期間ブラック扱いになるワケ?

花子ちゃん、よく勉強してるね。
任意整理だと約5年は事故情報が残るから、5年経って情報が消えるまでは、新しくローンを組んだりクレジットカードをつくることができないんだ。

任意整理をすると信用情報に事故情報が約5年残る

任意整理とは

任意整理とは、債務整理手続きのひとつ。
自己破産や個人再生と違って裁判所を通さずに、直接貸金業者と交渉して利息のカットなどを行い借金を減額してもらいます。

【関連記事】任意整理とは?流れやデメリット、期間をわかりやすく解説

借金が減る分、デメリットもあります。そのひとつが「信用情報に事故情報が掲載される」ということです。

私たちがクレジットカードをつくったり・つかったり、分割払いしたり、住宅ローンを組んだり、借金をすると「信用情報機関」にその情報が掲載されます。

信用情報には、カードの利用履歴や支払い履歴だけでなく、住所氏名生年月日や勤め先も載っています。

カード会社や銀行が「この人にお金を貸して大丈夫かな?」「クレジットカードをつくっても延滞しないかな?」といったことを審査するのに信用情報が使われています。

ブラックリストなんて言われることもあるけど、お金を貸し過ぎを防いでくれてるんだ。きちんと期日や支払う金額を守っていれば、クレジットヒストリー(信用情報の履歴)にプラス評価が残るので、審査に通りやすくなるんだ。

【関連記事】ブラックリストとは?信用情報の確認方法・載る理由・消し方など

任意整理をして借金を減らし、その借金を完済してから約5年は事故情報が残ります。

基本的に約5年間は、新たにカードをつくったりローンを組んだりすることができません。

しかしながら、一生ブラックリストに登録され続けるわけではありません。登録期間は各信用情報機関によって異なりますが、任意整理の場合は通常、約5年を過ぎると事故情報が削除されます。

「任意整理後5年」じゃなくって「任意整理後、減らした借金を完済し終わってから5年」ってことなのね。
そう。そこがポイントなんだ。

事故情報の5年っていつからいつまで?

信用情報機関には3種類あって

・クレジットカードや信販系の「CIC」という機関では「返済の延滞が起きて」から5年

・消費者金融系の「JICC」という機関では「任意整理のスタート地点(法律家が貸金業者やカード会社に「取り立てを停止させる」受任通知を送って)」から5年

※銀行系の「JBA」という機関では「自分ではなく保証会社が代わりに返済(代位弁済)した場合」

事故情報が残ります。

3つの信用情報機関は情報を共有しているため「任意整理手続きが終わってから5年」と考えるより「任意整理で減額した借金を完済してから5年」という方が間違いがないのです。

人によっては「5年経たずにカードをつくれるようになった!住宅ローンを組めた!」という人もいるんだけど、消えたと思った事故情報が残っているショックは大きいので、完済から5年って考えた方がいいと思うんだ。

任意整理後5年経っても審査が通らない人は、各種信用情報機関の情報を開示して「自分の信用情報がどうなっているか?」調べてみることをオススメします。

各種信用情報機関の信用情報開示方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る