債務整理・過払い金請求を専門家に頼むメリットは?

法律家(弁護士や司法書士)に頼むメリット

債務整理や過払い請求を専門家に依頼するメリット

債務整理や過払い請求を専門家に頼む大きなメリットとしては、貸金業者からの取立が止まるということが大きいです。

法律家に手続きを委任すると「貸金業者はお借り入れをした本人に対する請求や取立てをしてはいけない」と法律で決められているからです。

訴訟(裁判になった時も安心)

そして、司法書士や弁護士は法律のプロなので、訴訟手続きになったとしてもスムーズに手続きが進みますし、最も有利な方法を考えてくれます。また、ほとんどの訴訟手続きを司法書士や弁護士がやってくれるので、時間と手間がはぶけます。

裁判(過払い金請求訴訟や自己破産、個人再生など裁判所を通す手続き)は、基本的に平日の昼間に行なわれるので、平日がお休みでない方は、裁判のときには仕事を休まなければいけません。

また、司法書士や弁護士に過払い金請求を委任すれば、わざわざ裁判をしなくても貸金業者と弁護士や司法書士の話し合いで解決できることもあります。

この場合は、裁判費用がかからないので、メリットが大きいです。

知識を仕入れながらひとつひとつ手続きをしていくと、精神的にも肉体的にもプレッシャーがかかりますが、専門家に依頼し代行してもらうことで手続きの間も普通の暮らしをおくることができ、ストレスから解放されます。

債務整理を弁護士や司法書士に頼むデメリットは?

専門家に依頼するデメリットとしては、やはり専門家へ支払う費用(報酬)がかかるということが大きいです。

着手金数万円(無料のところもあります)と、取り返したお金の約20%を支払ってでも司法書士や弁護士などの専門家に頼んだほうがいいのかどうかですね。

現在はリーズナブルな料金でやってくださる司法書士・弁護士の方も増えてきたので、一度相談してみるのがいいと思います。その際は「相談は無料」という司法書士さん、弁護士さんに聞くといいでしょう。

1社あたり140万円以下の訴訟額なら司法書士も弁護士も変わらない

実は、債務整理の過払い金請求の場合、1社あたりが140万円以下という訴額 (借金額ではありません。訴えで主張する利益を、金銭に見積もった額のこと) であれば、弁護士に依頼するよりも司法書士に依頼した方が、費用が安く済む場合が多いです。

ただし、法律に関する紛争ならなんでもござれという弁護士とは違い、司法書士(司法書士会からちゃんと認定をうけている司法書士)が手続きできるのは簡易裁判所での裁判だけ!

それも円以上の訴額ともなるともうお手上げで、依頼者の代理人としての権限は何ひとつありません。もっとも2003年に司法書士法の改正が行われるまでは、登記を含む、いわゆる法律に関係する文章の作成が主な仕事でしたから、改正後の現在、仮に申し立てを依頼人本人が行うと言うのであれば、そのために必要な書類を作成するのはお手の物ですし、その際、裁判所への同伴・発言なども許されるようになりました。

また、貸金業者とお借り入れをした人とがお互いに話し合いの場を設けるとか、 調停での和解を望む場合には、その担当が弁護士であっても、あるいは司法書士であっても、そこにはさほど大きな違いはありません。

債務整理や過払い金請求を依頼する時は、弁護士なのか司法書士なのかというよりもどの分野の専門家なのかという点が重要になってきます。債務整理に強い弁護士や、債務整理に強い司法書士を選びましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る