弁護士や司法書士に頼むと過払い金請求の費用はどのくらい?

過払い請求するには、どれくらいかかるの?

過払い金を弁護士や司法書士に依頼すると高くなる?

「専門家に過払い請求を依頼したら、どれだけ費用がかかってしまうのか」
「お金が返ってくるのは嬉しいけど、費用が気になって頼めない」

そんな方はたくさんいらっしゃると思います。
過払い金が発生している気がするけど、あまり発生していなかったら費用の方がかかってしまうのではないか……と心配になってしまいますよね。

しかし、過払い請求の場合は費用の方が多くかかることは、ほとんどないと思っていて大丈夫です。

ただし、依頼をする事務所の報酬基準をしっかりとチェックする必要があります。

過払い請求の費用は、事務所によって異なる

数年前までは、専門家の報酬には、それぞれ所属している士会(司法書士会や弁護士会)が出している報酬基準を順守していました。

しかし、規制緩和によって報酬基準は撤廃され、現在ではそれぞれの事務所が独自の基準で報酬基準を作っています(そこまで大きな差はありませんが)。

専門家に支払う費用の種類について知っていきましょう。

過払い請求の費用の種類

①着手金 :結果に関わらず必ず依頼時に支払うお金(0~2万円程度)

②成功報酬:依頼した件が成功したときに発生するお金(回収額の10~20%)

③手数料 :手続きの関係上必ずかかるお金(切手代など2,000円前後※個人でやっても同じ)⇒過払い請求の手数料の詳細

基本的には上記した3つの費用で構成されています。

これがおおまかな平均金額といえますので、依頼をするのであればこの基準を参考にされるといいかと思います。

過払い請求は、実質負担0円の事務所に依頼しよう

注目すべきは、着手金が0円という事務所もあるということです。

過払いが発生しているのかどうか、それが回収できる状態かどうか、これを調べてもらうために着手金を支払っていたら、過払い状態じゃなかったときに損失がでますね。

しかし、調査時はお金をとられることもないですし、その過払いの発生度合いによって回収まで依頼をするか決めることもできます。

また、成功報酬も回収額から支払うことができますので、実質負担金はほとんどないといっても過言ではありません。

専門家に依頼しないですべて自分でやるとなれば、かかる費用は手数料のみで済みますが、専門家の交渉力や裁判時における知識量は素人とは比べ物になりません。

すべてを代理してもらえるという点はとても心強いのではないでしょうか。
そして費用面の心配もさほどいらないようです。

債務整理や過払い請求を専門家に依頼するかどうかは、上記をかんがみたうえで決められるといいのではないでしょうか。

今すぐ過払い請求について相談したい方はこちらから

司法書士と弁護士、どちらに過払い請求すればよいか迷っている方はこちら

【関連記事】過払い金請求の依頼先は、司法書士と弁護士どちらがいいの?

司法書士は1社あたり140万円までの過払い請求を行うことができます。弁護士には借金の金額の制限がありません。

【関連記事】司法書士が過払い請求できるのは「過払い金額が1社当たり140万円」まで

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る