過払い金請求の依頼先は、司法書士と弁護士どちらがいいの?

過払い請求がしたい時、誰に頼めばいいのかしら?

忙しいし難しいことはわかんないから専門家にまかせたいけど、なるべく安く済ませたいし。

司法書士も弁護士もどっちも偉そうで敷居が高い感じがするわ。

ははは。確かに弁護士はテレビや映画で高給取りでふんぞり返ってる感じに描かれていたりするけど、実際はそんなことないんだよ。

司法書士でも弁護士でもいいから、親身に対応してくれる過払い請求に強い事務所を探すといいね。

過払い請求は誰に依頼するのが安心?

過払い請求は自ら行うこともできますが、やはり専門家に依頼をしたほうがより多く・確実に過払い金の回収が可能といえます。

過払い金請求を自分でやるデメリット

・時間や手間がかかる
→専門家に依頼してしまえば、契約する時に事務所に行くくらいで待っていれば過払い金が戻る

・貸金業者との交渉に不利
→少額の過払い金やゼロ和解をすすめられたり、わざと長引かせたりしてくる

・家族へバレる危険性がある
→書類や連絡が家に届くと秘密にしていた借金や過払い請求がバレる可能性がある

・過払い請求についてある程度知識をつけないといけない
→裁判所にいる裁判所書記官に相談すると教えてくれる

・訴訟までやるとなると、裁判所に行かなければならない
→裁判所は平日の一定の時間しかやっていないので、仕事を休まなければならなくなる人が多い

【関連記事】過払い請求を個人でやるデメリットと注意点

司法書士や弁護士などの専門家に依頼をすれば、金額面での交渉・貸金業者とのやり取りに強く、法的な知識を身につける必要もありません。

【関連記事】過払い請求の交渉とは|過払い請求の流れ・貸金業者と交渉できる?

他にも様々な面でメリットを受けることができます。

弁護士と司法書士。一見しただけではどちらに過払い請求を依頼をしたほうが良いのかがよくわかりません。

どんなことを基準に過払い請求を依頼する専門家を選んだら良いのでしょうか?

過払い金請求の依頼先を選ぶ3つのポイント

1.過払い金1社あたり140万円の壁
2.(訴訟までやって)1円でも多く取り戻したいか?スムーズに返金を受けたいか?
3.無料相談で「自分に合うか?」を判断する

司法書士は、1社あたり140万円以上の過払い請求ができない

過払い金請求ができる司法書士は認定司法書士の資格を持っている司法書士に限ります。

しかし認定司法書士であっても、1社あたり140万円以上の過払い金の請求については取り扱うことができません。

※認定司法書士には簡易裁判所の代理権が認められていますが簡易裁判所は管轄の関係上、請求額を円までと定めています

円を超える金額の請求は全て地方裁判所が管轄になってしまい、司法書士の権限を超えてしまうのです。

【関連記事】司法書士が過払い請求できるのは「過払い金額が1社当たり140万円」まで

任意整理の場合も1社あたり140万円以上は弁護士へ

借金返済中の方が過払い請求を行って借金の減額を行う場合、過払い金で借金が完済できないと任意整理という手続きになるのですが

任意整理でも、経済的利益(依頼者の手元に還ってくる金額)が円以上となってしまう場合は、司法書士が取り扱うことができません。

※過払い請求では信用情報(俗にいうブラックリスト)に影響がありませんが、任意整理の場合は約5年新しくカードをつくったりローンが組めなくなってしまいます。信用情報への影響が気になる方は、過払い請求の無料相談フォームにお気軽にご相談ください

過払い金の返金額が多い(1社あたり140万円を超える)場合は、弁護士へ

弁護士であれば地方裁判所管轄である、円以上の過払い請求をすることもできますし、経済的利益が円を超える場合の任意整理についても、際限なく取り扱うことができます。

司法書士か弁護士というより、自分に合っているかが重要

司法書士でも弁護士でも、過払い請求に強い事務所(債務整理や過払い請求の実績が多い事務所)を選ぶことが重要です。

また、過払い請求の実績だけでなく、相談の応対のよさや対応の早さなどをチェックして、印象のよかった事務所に依頼することをオススメします。

最終的にかかる費用としては、司法書士のほうが比較的安価といえますが、現在、弁護士の数がかなり増えてきているため、司法書士と同等、若しくはそれ以下の金額で請け負ってくれる弁護士がいるのも事実です。

【関連記事】弁護士や司法書士に頼むと過払い金請求の費用はどのくらい?

司法書士や弁護士の見つけ方

法律家の知り合いっていないんだけど、どこで探せばいいのかしら?

自宅や職場の近くに法律事務所(弁護士事務所)や司法書士事務所があれば、過払い請求を行っているか調べてみましょう。事務所名を検索すると、ホームページや口コミを見ることができます。

また、地域(区や市)でも借金問題・過払い金の相談を行っているところがあります。

シャッキン博士が住んでいる東京都北区では、区役所の区民相談室で借金に関する法律相談を受けることができるんだ。

近くに事務所がない場合、近くの事務所があまりアテにならなそうな場合は、法テラス(日本司法支援センター)で探すことも可能です。

法テラスは、国が設立した司法援助機関で3回まで無料相談が受けられるほか、相談内容によって司法書士や弁護士の紹介をうけることができます。

【関連記事】法テラスで過払い請求するメリットとデメリット

過払い請求は本当に信頼のおける専門家に依頼をするようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

  • パチンコの借金でも過払い金取り戻せます

    パチンコの借金200万を過払い請求したら40万返ってきた体験記 200万円の借金を完済後、知人の司法書士に頼んで過払い金請求をしてもらい、40万円手元に戻ってきました。完済後の過払い請求だったので、クレジットカードや新規の借金も制限されず、借金グセを直すことができました。過払い金請求は借金の理由を問わないので、どんな

  • 個人で過払い請求しようとしたら安い返金額を提示された

    プロミスの過払い金請求|自分でやらないでよかった 完済後に過払い金請求を自分でしようとした小林さん。プロミスに連絡を取ると、過払い金が30万だと言われました。少ないと思い、今度は司法書士に依頼すると、プロミスの態度が一変。50万円も過払い金があると言われたそうです。個人でも過払い金請求はできますが…

  • 連帯保証人制度の廃止で起こりうる影響とは?

    任意整理で借金が減少!実際にはどのくらい減るのか? 任意整理をした実際のケースを見てみると、返済期間が長く、金利が高い人ほど借金が減る可能性が高いです。ある男性は280万円ほどあった借金が帳消しになり、480万円もの過払い金が発覚しました。

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る