ゼロファーストの過払い金請求について 2017年最新版

株式会社ゼロファースト(ZERO-FIRST)にお借り入れのあった方へ

画像の出典:ゼロファーストのホームページより

法律違反の高い利息を取っていた期間当時の利息
~2007年4月まで27%

2007年4月以前にゼロファーストのカードでキャッシングをしたことのある人は過払い金が発生している可能性大

過払い金の時効は、最後の取引(借り入れや返済)から10年。

利息が改定されて10年(2017年4月)を過ぎても、最後の取引から10年経っていなければ、過払い金は取り戻せます!
ゼロファーストを吸収したエポスカードと同じく、過払い対応は良心的です。正確な過払い金額の計算に必要な取引履歴の開示も2か月ほどで対応してくれます。

ゼロファーストへの過払い金の無料相談はこちら

2007年4月以降の借金でお困りの方(過払い金が発生していない方)も、任意整理自己破産など債務整理の手続きを行えば、借金問題が解決できます。

ゼロファーストの過払い請求対応

zerofirst

ゼロファーストは2014年10月1日付でエポスカードと合併しました(2015年9月末で新たな融資終了)

今後、ゼロファースとへ過払い請求したい場合、合併先のエポスカードに請求することになります。

エポスカードに取引履歴を請求すると約2か月ほどで、開示してもらえます。

司法書士や弁護士などの専門家を介入させることで、満額の返金や過払い利息を上乗せして請求することも可能です。

【関連記事】エポスカード(丸井の赤いカード)の過払い請求情報 2017年最新版

【関連記事】クレジットカードのキャッシングでも過払い金がある!調べる方法

※以下は、2014年10月までの情報です

エポスカードの子会社であるゼロファーストの事業は大幅に縮小されるとの発表によって次々と店舗が閉鎖されており、将来的には廃業(エポスカードに一元化?)もあり得ると言われています。

エポスカードがついているため経営が芳しくなくても今すぐに倒産ということはないと思います。ゼロファーストは2007年頃まで年27%での貸付を行っていたので、過払い金が発生する可能性は十分に考えられます。丸井系列の消費者金融ということもあり、女性の方が多いのではないでしょうか。

エポスカードの過払い請求情報 最新版 はこちらです。

古い取引履歴は破棄したと言って開示してくれない半面、早めに和解してくれるという話もあります。業務を縮小しているため新規の借入れはできませんし、会員サービスも特に力を入れている様子もありませんので、倒産というよりは廃業に近い形で消えていくのかもしれません。

それでも今は独立した会社ですから、倒産することになれば過払い金が全額戻ってこなくなってしまいます。統廃合するにしても、取引履歴などを取り出すのに時間がかかってしまう恐れもありますから、せめて取引履歴だけでも請求しておいた方がいいでしょう。

利用している消費者金融が倒産する前に、過払い金請求をしよう

tousan tousan_kabarai contact_btn_off

(上のボタンをクリックすると、お問い合わせフォームへ移動します。)

URLのコピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る