セディナの過払い情報|セントラルファイナンス・クオーク・OMC

株式会社セディナで借り入れしたことのある全ての方へ

過去に、セントラルファイナンスクオークOMCカードを利用されていた方は要注意!

kansai_check

株式会社セディナの過払い対応

cedyna_cf_quoq_omc

株式会社セディナの過払いに対する対応は、そこまで悪くないといえます。
2016年現在、本人による過払い請求の場合、任意ではいくら交渉しても7割の金額でしか和解をする姿勢を見せないようです。

専門家が介入することによって8~9割前後まで金額が上がることはあるようですが、どちらにしても満額の回収を目指すのであれば、訴訟提起以外に方法はないといえます。

株式会社セディナの特徴としては、訴訟を提起してから和解までは、比較的スムーズなことが多いです。

判決を取られることを嫌っているようで、裁判外で満額に近い金額での和解を求められることがほとんどです。こうしたことから、交渉次第では満額回収も容易にいくかもしれません。

また、5%の過払い利息についても支払いに応じてくれることが多く、訴訟提起を視野に入れているのであれば、とことん回収してみるのも良いでしょう。

セディナに過払い金があった方の返還体験談

任意整理(過払い金のおかげ)で借金がなくなった!
セディナを含めアコム・プロミスなど4社からの過払い金で借金を相殺させた方の体験談です。

セディナの過去と現時点での金利比較

過去には25~29%での貸し付けを行っていたため、取引が長ければ長いほど多くの過払い金が発生しているといえます。

利率については、平成19年の2月ごろに現在の法定利率への変更をしていますので、これ以前から取引があった方は必ず過払い金の計算をしましょう。

過払い金の無料計算はこちらから

たとえ過払い金が発生していなかったとしても、借金残高が大幅に減少される可能性は十分にあります。

過去から現在までの簡単な経緯

株式会社セディナは合併によって誕生した会社です。
もともとは、株式会社オーエムシーカードとして誕生し、当時、三井住友フィナンシャルグループの傘下であった、株式会社セントラルファイナンス、株式会社クオークの3社と合併し、現在の株式会社セディナとなっています。

そのため、セディナという名称に聞き覚えがなかったとしても、合併前の3社(セントラルファイナンス・クオーク・OMCカード)と取引がある方は、セディナに受け継がれているということを忘れないでおきましょう。

過払い請求をするのであれば、請求先は株式会社セディナとなります。

株式会社セディナの今後について

【2016年8月2日追記】
2014年から進められていた、さくらカードとのクレジットカード事業の統合が進み、2016年4月にさくらカードを合併することになりました。こうした点を見ても、今後も安定した企業運営が期待できると言えます。

いわゆる銀行系といわれる貸金業者であるため、よほどのことがない限り経営が著しく傾くことはないといえます。

ただし、それがいつまでも続く保証はありませんので、株式会社セディナに対して過払い金発生の可能性がある方は、迅速な請求を心がけるようにしてください。

セディナが倒産する前に、過払い金請求をしよう

tousan tousan_kabarai kabarainara shinjyuku gosoudankudasai contact_btn_off

(上のボタンをクリックすると、お問い合わせフォームへ移動します。)

URLのコピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る