楽天KCカード(ワイジェイカード)過払い請求情報2017

楽天KCカード(現:ワイジェイカード)でお借り入れ経験のある方へ

画像の出典:ワイジェイカードのホームページより

法律違反の高い利息を取っていた期間当時の利息
~2007年6月まで29%
※楽天カードはもともと金利が低いため過払いはナシ

楽天KC(現:ワイジェイカード|旧:鹿児島信販・国内信販)は、2007年6月まで29%前後の高い金利で貸付を行っていました。楽天KCカードでキャッシングされていた方は、過払い金が発生している可能性がとても高いです!

過払い金の時効は、最後の取引(借り入れや返済)から10年。

利息が改定されて10年(2017年6月)を過ぎても、最後の取引から10年経っていなければ、過払い金は取り戻せます!
訴訟まで進めれば満額回収+過払い利息の回収も可能ですが、楽天KCの過払い対応は年々厳しくなっています。過払い金のご相談はお早目に!

楽天KCへの過払い金の無料相談はこちら

2007年以降の借金でお困りの方(過払い金が発生していない方)も、任意整理自己破産など債務整理の手続きを行えば、借金問題が解決できます。

ワイジェイカード株式会社の過払い対応 2017年最新版

取引履歴開示返還割合期間過払い利息
2か月程度7割程度

※訴訟すると9割~満額取り戻せる可能性あり
平均4か月

訴訟すると7か月程度
5%上乗せできる可能性あり

※返還割合は当サイト調べ

みどり法務事務所を「借金や過払い金の相談相手」に薦める5つの理由

kc

取引履歴を請求すると2か月程度で開示され、司法書士や弁護士などの専門家を介入させて過払い請求すると、話し合いで7~8割・訴訟までやって9割~満額の過払い金を返還できます。

また、交渉や訴訟によっては5%の過払い利息を追加して請求することもできます。

過去と現時点の金利比較

過去は、29%前後での貸し付けを行っていましたので、旧楽天KCの時代に取引があった方は、過払い金になっている可能性が十分にあります。

現在は法定金利内での貸し付けになっていますので、キャッシングでの借入があった方は、必ず取引履歴を取り寄せ、引き直し計算をしてみるようにしましょう。

過去から現在までの簡単な経緯

もともとは国内信販株式会社という名称で業務を行っていました。
この頃からKCというブランド名を使用しています。平成17年に楽天株式会社が同社を買収し、商号を楽天KC株式会社へと変更をしました。

その後、楽天KC株式会社は、Jトラストに売却をされ、KCカード株式会社へと名称変更し、現在ではYJ(ワイジェイ)カード株式会社として業務を継続しています。

よくテレビCMで見かける楽天カード(楽天カードマン!)とは、現在ではまったく関連性のない会社となっていますので注意しましょう。

ワイジェイカード株式会社の今後について

2015年から、ヤフー株式会社とソフトバンクグループの金融業者として新たなスタートを切ることになりましたが、過去の経緯からみてもあまり安定した経営状況にあるとはいえません。

とはいえ、しっかりとした母体会社がバックについているため、経営破綻への懸念は今のところなさそうです。

しかしながら、過払い請求への対応はかなり厳しいものとなっていますので、返還金額への期待ができないという点は、従前商号のときから変わりはありません。今後も対応がよくなるとは言い切れませんので、過払いに心当たりがある方は、なるべく早めに請求をするようにしましょう。

楽天カードが倒産する前に、過払い金請求をしよう

tousan tousan_kabarai contact_btn_off

(上のボタンをクリックすると、お問い合わせフォームへ移動します。)

URLのコピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る