オリコカード・オリエントコーポレーションの過払い金情報 2017年版

オリコカードでキャッシング経験のある全ての方へ

画像の出典:オリコカードホームページより

法律違反の高い利息を取っていた期間当時の利息
~2007年4月まで27.6%
※現在は15%以下

2007年4月以前にオリコカードでカードキャッシングをしたことのある人は過払い金が発生している可能性大

※ショッピングは過払い金の対象外

過払い金の時効は、最後の取引(借入や返済・完済)から10年。

利息が改定されて10年(2017年4月)を過ぎても、最後の取引から10年経っていなければ、過払い金は取り戻せます!
過払い金は満額回収可能で、訴訟まで進めれば過払い利息も回収できますが、返金が他社と比べて圧倒的に遅いのが特徴です。

オリコカードへの過払い金の無料相談はこちら

2007年4月以降の借金でお困りの方(過払い金が発生していない方)も、任意整理自己破産など債務整理の手続きを行えば、借金問題が解決できます。

2017年版オリエントコーポレーションの過払い対応

取引履歴開示返還割合期間過払い利息
2か月程度9割平均11か月

訴訟すると1年1か月程度
5%上乗せできる可能性あり

※返還割合は当サイト調べ

みどり法務事務所を「借金や過払い金の相談相手」に薦める5つの理由

orico

オリコカードは、株式会社オリエントコーポレーションが提供しているクレジットカードです。

オリエントコーポレーションの過払い金への対応は、ここ最近でかなり良くなってきていると言えるでしょう。以前までは、良くても8割前後での和解提案が多かったのですが、ここ最近では過払い元金を満額での支払いにも応じてくれる傾向があります。

ただし、返還日についてはあまり融通が効かず、平均して10か月以上、場合によっては1年以上先の返還を提案されることもあります。また、過払い利息も付して請求したいという方は、訴訟提起を検討したほうが良いでしょう。

よって、現状のオリエントコーポレーションは、返還日にさえ譲歩できれば満足のいく回収が望めるが、早期回収や過払い利息についても求めるのであれば訴訟提起しかありません。

とはいえ、訴訟提起をしたからといって早期回収が現実になるかと言えばなんとも言えないところなので、専門家に相談をしつつ、自ら良いと思う回収方法を選択してみてください。

過払い金請求訴訟とは?

オリコカードを含む過払い金請求事例

4社分の過払い金を取り戻した木村さん(仮名 50代 女性)

業者名借入完済過払い金
オリコカード2001年2010年92万1370円
ニッセンレンエスコート2001年2009年5万5000円
ほくせん2001年2009年16万5000円
アプラス2001年2009年59万7000円
合計173万円8370円

過払い金の返金を受けた木村さんの声

過払い金という言葉が出てきて自分にはもう過去の事だから関係のない事だと思っていましたが、次第にかなり昔のことでもOK、書類など手元になくてもOKという言葉に段々気になり始め、ダメ元でチラシで入ってきたみどり法務事務所に相談してみることに決めました。

結果、大変嬉しい解答が考えていたのと違い驚きで相談して良かったと思いました。

一生懸命業務をしてくれたことに大変感謝しております。本当にありがとうございました。

オリコカードを含む過払い金請求事例(過払い利息あり)

オリコカードとライフカードでキャッシングしていた山岡さん(仮名 60代 女性)

業者名借入完済過払い金
オリコカード2000年2015年113万1282円
オリコカードの過払い利息3000円
ライフカード2001年2012年40万円
合計153万4282円

過払い金の返金を受けた山岡さんの声

テレビ・新聞などでみどり法務事務所様のことを知りましたが、最初はどういうことかよく解らないでいました。

もしやと思い、思い切って電話をさせて頂きました。

思っていた以上のの過払い金が有り驚きました。

面倒なやり取りもなく親切に教えて頂き、手続きが出来ました。

思っていたより早期に戻ってきたことも感謝しています。

本当にありがとうございました。

オリコカードを含む過払い金請求事例(任意整理)

オリコとプロミスに170万の借金があった前田さん(仮名 60代 女性)

業者名借入借金残高過払い金
プロミス2002年12万8134円13万円
オリコ1993年158万894円81万4000円

自営業者だった前田さんは、会社の倒産を経験し1993年から長期に渡ってオリコカードでカードキャッシングをしていました。

158万円の借金残高がありましたが、みどり法務事務所に相談したところ高額な過払い金が発生していることが明らかになりました。

プロミスは和解(話し合い)オリエントコーポレーションには過払い金請求訴訟を行ったところ

借金を完済でき、さらに2社で94万4000円もの過払い金を取り戻すことに成功しました。

倒産後は返済に追われ貯金もままならないそうでしたが「過払い金のおかげで老後資金ができた」と喜んでいらっしゃいました。

過去と現時点の金利比較

オリエントコーポレーションは、過去に金利29.2%の貸し付け、つまり、過払い金が発生するグレーゾーン金利での貸し付けを行っていました。

平成18年にあった過払い訴訟の最高裁判決をきっかけに、平成19年4月1日から金利を下げ、現在の上限である15~20%に変更をしています。

よって、金利の変更前から借り入れをしていた方は、過払い金が発生している可能性が非常に高いと言えるでしょう。

ただし、平成19年以降から借り入れをしたという方は、過払い金が発生していることはありませんので、自身がいつ頃からオリエントコーポレーションと取引を開始していたのかを調べてみましょう。

※現在オリコには、CRESTというキャッシング専用のカードもあります

過去から現在までの簡単な経緯

オリエントコーポレーションは、昭和26年にオリエントファイナンスとして設立し、日本のオートローン(自動車などの購入ローンのこと)においては業界トップを誇るクレジットカード会社として有名です。

平成18年以降の過払いブームの際、多大な赤字を出し、一時は経営自体が危ぶまれましたが、みずほグループ(みずほ銀行など)のグループ会社化することを前提に多額の資金増強を行い、この危機をしのいできました。

現在においても、みずほグループとのつながりは濃く、みずほ銀行の行っているカードローンのほとんどがオリエントコーポレーションによる保証となっています。

※ちなみに筆者がAppleからiPhone6を買った時、ローンの契約審査を行ったのはオリエントコーポレーションでした

株式会社オリエントコーポレーションの今後について

【2016年8月2日追記】
2015年10月以降、出資比率の大幅な引き上げがされ、みずほフィナンシャルグループとカード事業の決済面での連携強化を図ったこともあり、今後もカード事業に力を入れた運営が期待できると言えます。

オリエントコーポレーションは、今後もオートローンにおいては業界トップを維持する可能性が高く、また、信販業界大手4社にも数えられていることから、今後も急な倒産といったことはまずないと言えるでしょう。

ただし、過払い金の返還日が遅いといったマイナスな要素もあるため、オリエントコーポレーションに過払いの心当たりがある方は、早急に手を打つようにしてください。

tousan tousan_kabarai contact_btn_off
URLのコピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る