ノーローン(シンキ)の過払い請求情報 2017最新版

ノーローンでキャッシングをしたことのある方へ

画像の出典:ノーローンのホームページより

法律違反の高い利息を取っていた期間当時の利息
~2007年まで29.2%
※18%以下

2007年6月以前にアコムでお金を借りたことのある人は過払い金が発生している可能性大

過払い金の時効は、最後の取引(借入や返済)から10年。

利息が改定されて10年(2017年6月)を過ぎても、取引から10年経っていなければ、過払い金は取り戻せます!
訴訟まで進めれば8割程度まで過払い金を回収できますが、話し合いでは5割以上の回収は厳しいです。

ノーローンへの過払い金の無料相談はこちら

2007年6月以降の借金でお困りの方(過払い金が発生していない方)も、任意整理自己破産など債務整理の手続きを行えば、借金問題が解決できます。

2017年版ノーローン(シンキ株式会社)の過払い対応

取引履歴開示返還割合期間過払い利息
2か月程度話し合いで4割程度

訴訟すると7割程度
平均5か月

訴訟すると10か月程度
不可

※返還割合は当サイト調べ

みどり法務事務所を「借金や過払い金の相談相手」に薦める5つの理由

NOLOAN

シンキ株式会社は、新生銀行グループの傘下だけあって経営自体は安定しているようです。

しかしながら、親会社である新生フィナンシャル株式会社と比べると、過払いへの対応は若干見劣りします。

【関連記事】レイク(新生フィナンシャル)の過払い請求情報 2017年最新版

とはいえ、そこまでひどいわけではありません。

現在、本人による過払い請求の場合、任意段階では2~5割前後の和解案を提案してきます。

専門家が介入することによって、5割前後まで提案金額を引き上げてはきますが、それ以上となると訴訟提起を検討するしかありません。

シンキ株式会社は、債務名義(判決)を取られるのを嫌がる傾向がありますので、訴訟提起をきっかけに8割以上の和解金を持ちだしてくることが多いといえます。

返還日が遅くなってもいいのであれば、最後まで争ってみてもいいかもしれません。

最初はかなり出し渋りますが、総合的に見れば、比較的に過払い金回収をしやすい貸金業者に属しているといえるでしょう。

ノーローンの過去と現在の金利比較

過去は29.2%での貸し付けを行っていました。
利息の見直しが行われたのは2007年なので、それ以前から取引がある方は過払い金が発生しているはずです。

現在は、4.9%~18.0%での貸し付けを行っていますが、無利息キャッシングという特徴があります。

シンキ株式会社は1996年から、ノーローンといって1週間以内に全額返済をすれば利息が一切かからない「無利息キャッシング」を業界で初めて実施しました。

過去には月に何度でも1週間無利息が適用されていたのですが、現在は月に1度のみの適用となっています。

ノーローンの過去から現在までの簡単な経緯

過去は関西を中心に事業展開をしていましたが、現在は東京へと本店を移し、東日本を中心としながらも全国的に事業を行っています。

2009年に新生銀行グループの傘下へと下り、2010年には新生フィナンシャル株式会社の完全子会社となりました。

シンキ株式会社の今後について

過払いブームの煽りにも負けずに、無利息キャッシングを武器に業界低迷を乗り切ってきました。

現在は、銀行がバックについていますので、経営自体は今後も安定すると予想されますが、母体である新生銀行自体に不安が残るところです。

過払い請求を検討しているのであれば、早いに越したことはありません。

tousan tousan_kabarai contact_btn_off

(上のボタンをクリックすると、お問い合わせフォームへ移動します。)

タグ:
URLのコピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る