ニッセンジーイークレジットの過払い請求情報(マジカルクラブ)

ニッセンジーイークレジットでキャッシング経験のある方へ

ニッセンジーイークレジットやマジカルクラブカードを運営するニッセン・ジー・イー・クレジット株式会社は、過去にグレーゾーン金利での貸付を行っていました。

2006年以前にニッセンEGカードマジカルクラブカードでキャッシングをしたことのある方は、過払い金が発生している可能性があります。

kansai_check

過払い金があるか今すぐチェックしたい方はこちら

2016年版ニッセンジーイークレジットの過払い対応

nissen

現在のニッセンジーイークレジットマジカルクラブカード)の過払い対応は非常に良いと言えます。

任意による過払い金交渉であっても9割~満額の返還、訴訟をすれば満額の回収プラス過払い利息の回収も十分に見込める状態です。

【参考記事】過払い利息とは?

また、返還日も非常に早く、和解から1~2ヶ月程度で過払い金が手元に入ることになっています。

このようなニッセンジーイークレジットの良識ある対応から、多くの専門家の事務所にて、訴訟は起こさずに任意和解による解決が推奨されています。

過払い請求が時効にさえなっていなければ、滞りなく請求可能な数少ない貸金業者の1つです。

【参考記事】過払い金の時効とは?

過去と現時点の金利比較

ニッセンと聞くと通信販売のイメージが強いですが、マジカルクラブカードと聞くと心当たりのある方も多いのではないでしょうか?

現在のニッセンジーイークレジットは、8.95%~17.95%という法定金利内での貸し付け業務しか行っていませんが、過去にグレーゾーン金利による貸付けを行っていたため、取引期間が長い方は過払い金が発生している可能性が強いです。

過去から現在までの簡単な経緯

ニッセンジーイークレジットはもともと、平成12年にニッセンホールディングスとGEの2社の投資によって設立された会社です。
その後、社名変更をすることもなく、クレジットカード業務だけでなく、通信販売による情報提供業務、保険代理店業なども行っています。

マジカルクラブカードはJCBと提携をし、現在までに300万人以上の会員数を誇っています。

【関連記事】JCBカード(株式会社ジェーシービー)の過払い請求情報

ニッセン・ジー・イー・クレジットの今後について

過払い金への対応を見ても、今後、ニッセンジーイークレジットの経営が傾く心配はあまりないと言えるでしょう。

過払いブーム時においても、キャッシングよりもショッピングをメインに貸付けを行っていたため、過払い請求によって経営不振に陥ることもほとんどありませんでした。
よって、今後も過払い請求に影響を受けることはなさそうです。

また、通信販売における国内シェア率も非常に高いため、よほどのことがない限り、会社倒産といった懸念はないと言えるでしょう。

ただし、過払い請求には最終取引から10年間という時効期間があるため、過払いに心当たりがある方は、専門家への相談を検討してみてください。

tousan tousan_kabarai kabarainara shinjyuku gosoudankudasai contact_btn_off
URLのコピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る