ライフカード(株式会社ライフ)の過払い金請求情報 2017

株式会社ライフ(ライフカード)への過払い金請求情報

画像の出典:ライフカードのホームページより

法律違反の高い利息を取っていた期間当時の利息
~2007年6月まで27%以上

2007年6月以前にライフからお金を借りたことのある人は過払い金が発生している可能性大

過払い金の時効は、最後の取引(借入や返済)から10年。

利息が改定されて10年(2017年6月)を過ぎても、取引から10年経っていなければ、過払い金は取り戻せます!
専門家を介入させた過払い請求でも、話し合いでは50%・訴訟しても70%程度しか過払い金を取り戻すことができません。

ライフカードの過払い金の無料相談はこちら

2007年6月以降の借金でお困りの方(過払い金が発生していない方)も、任意整理自己破産など債務整理の手続きを行えば、借金問題が解決できます。

ライフカードの過払い対応

取引履歴開示返還割合期間過払い利息
2か月程度話し合いで4割程度

訴訟しても6割程度
平均5か月

訴訟すると10か月程度
不可

※返還割合は当サイト調べ

みどり法務事務所を「借金や過払い金の相談相手」に薦める5つの理由

ライフカードを発行している株式会社ライフは2000年に東京証券取引所に上場したにも関わらず、その年に会社更生法の適用を受けて倒産しています。

life

2001年にアイフル株式会社の子会社となり、支店の削減やリストラなど経費削減の施策を行ってきましたが、2009年には親会社のアイフルとともにADRを申請していますので、事実上、2度の倒産を経て今に至っている状況です。2010年にはADRの申請後、わずかに残っていた直営店舗ライフカード店も全て店舗を閉鎖しています。

【関連記事】アイフル過払い請求情報 最新版|過払いへの対応と体験談

アイフルと同じく過払い対応は厳しく、司法書士や弁護士などの専門家を介入させても変換率は4~6割。過払い利息もつけることができません。

営業収益の半分以上をキャッシング等の融資事業が占めているため、ライフカードを持っている人はキャッシングを利用する人が多いことがうかがえます。

キャッシング利用者が多ければ、過払い金請求をする人も多いと思われ、武富士の倒産などで増加している過払い金請求の影響を受けるのではないかと推測できます。

アイフルの完全子会社ですが、決して強い後ろ盾とはならない以上、ライフの倒産に備えておいて損はありません。

倒産してしまえば、過払い金請求をしても満額返ってくることはありませんし、今すぐに過払い金請求をしてもライフカード側からの和解提示額は50%程度(任意交渉時)です。

いますぐ取引履歴だけでも請求した方がいいと思います。

ライフカードを含む過払い金返還請求の事例

業者名借入完済過払い金
オリコカード2000年2015年113万1282円
オリコカードの過払い利息3000円
ライフカード2001年2012年40万円
合計153万4282円

過払い金の返金を受けた山岡さん(仮名 60代 女性)の声

テレビ・新聞などでみどり法務事務所様のことを知りましたが、最初はどういうことかよく解らないでいました。

もしやと思い、思い切って電話をさせて頂きました。

思っていた以上のの過払い金が有り驚きました。

面倒なやり取りもなく親切に教えて頂き、手続きが出来ました。

思っていたより早期に戻ってきたことも感謝しています。

本当にありがとうございました。

   
   

ライフが倒産する前に、過払い金請求をしよう

tousan tousan_kabarai contact_btn_off

(上のボタンをクリックすると、お問い合わせフォームへ移動します。)

URLのコピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る