JCBカード(株式会社ジェーシービー)の過払い請求情報 最新版

JCBカードでキャッシング経験のある全ての方へ

株式会社ジェーシービーは、過去に27.8%という高金利での貸し付けを行っていました。
平成19年以前に借り入れをしたことのある方は、過払い金が発生している可能性が高いです。

kansai_check

2016年版株式会社ジェーシービーの過払い対応

jcb

株式会社ジェーシービーの過払い対応については、2016年現在も悪くはないと言えるでしょう。 ただし、個人で過払い請求を行う場合は、7割前後にて提案されることもあるようです。

専門家が交渉に介入するのであれば、8割以上、交渉によっては満額の回収も可能と言えるでしょう。

返還日については回収金額が上がるにつれて先延ばしにされる傾向がありますが、半年以上もかかることはほとんどないため、早ければ1~2ヶ月、遅くても3~4ヶ月といったところです。

どうしても金額に納得できない、過払い利息も付して請求したい、返還日をもっと早くしてほしい、といった要望がある場合、訴訟提起による解決しかないと言えます。

過払い金返還請求訴訟とは?

※なお、JCBのブランド名がつくカードはたくさんあり、他社もサービス提供を行っていますが、上記はあくまでも株式会社ジェーシービー本体から借り入れがある場合に限るので注意して下さい

過去と現時点の金利比較

株式会社ジェーシービーは、過去に27.8%という高金利での貸し付けを行っていました。

平成18年の過払い金における最高裁判決を受け、平成19年から現在の金利に下げています。

平成19年以前から株式会社ジェーシービーと取引があったという方は、過払い金が発生している可能性がかなり高いと言えるでしょう。

なお、もともとの借り入れがリボルビング契約であった場合、当初から金利は18%前後であり、過払い金は発生していないため注意しましょう。

過去から現在までの簡単な経緯

株式会社ジェーシービーは、昭和36年に三和銀行と日本信販によって「株式会社日本クレジットビューロ」として設立されたのがきっかけとなっています。

その後、国際カードとしてもブランド化をし、現在においては日本で唯一の国際ブランドカードとなっています。日本国内においてもトップクラスの加盟店数を誇り、有名なところで東京ディズニーランドと加盟店契約を行うなど、積極的に業務展開を行っています。

株式会社ジェーシービーの今後について

【2016年8月2日追記】
2016年現在、加盟会員数・加盟店ともに増加の一途をたどり、同様に取扱高も増えています。今後も減少傾向にある過払い請求が原因で企業が傾く心配はないと言えるでしょう。

株式会社ジェーシービーは、日本国内だけでなく国際カードとしても世界5位のシェアとなっており、今後も突如として経営が傾くような心配はなさそうです。

過払い請求への対応についても、今後さらに柔軟になることが期待されます。しかし、過払い金には最終取引から10年間という時効があり、いつまでも請求ができるものではありませんので、株式会社ジェーシービーから過払い金の心当たりがある方は、早急に対応するように心がけてください。

tousan tousan_kabarai contact_btn_off
URLのコピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る