アプラスの過払い金請求情報 最新版

株式会社アプラスでお借り入れ経験のある全ての方へ

過去には29.2%での貸し付けを行っていましたので、株式会社アプラスと取引がある方は、過払い金が発生している可能性が非常に高いといえます。

kansai_check

株式会社アプラスの過払い対応

apurasu

株式会社アプラスの過払い金への対応は、そこまで悪くないとはいえますが、満額の回収はなかなか困難といえます。

2014年現在、本人による過払い請求の場合、6~7割程度の掲示が多く、いくら任意交渉をしても、これ以上の金額になることはほとんどないようです。

専門家の介入によって8割程度にまで金額を上げてくることはありますが、それ以上となると訴訟提起による解決を図る他、方法はないといえます。

ただし、訴訟提起をしたとしても満額の掲示はほとんどなく、訴訟外にて9割前後の金額での和解を求めてくることが多く、その金額で和解できないとなれば訴訟にて争う姿勢も見せてきます。

アプラスは過払い訴訟において、個別計算での主張を繰り返してきますので、しっかりとした反論が求められます。

個別計算と一連計算とは?

専門家に依頼をしない場合、個別計算、一連計算についての知識はしっかりと蓄えておくようにしましょう。

過去と現時点の金利比較

過去には29.2%での貸し付けを行っていましたので、株式会社アプラスと取引がある方は、過払い金が発生している可能性が非常に高いといえます。

現在は、法定利息内での貸し付けを守っていますが、もともと高利の貸し付けを行っていた経緯がありますので、必ず過払い金の計算を行うようにしましょう。

過去から現在までの簡単な経緯

設立当時は、アプラスクレジットとして業務を行っていました。

その後、旧アプラスの行っていた信販業務を継承する形で、現在の株式会社アプラスが誕生しています。その際、旧アプラスが行っていた貸金業務はアプラスパーソナルローンへと継承されたという経緯などもあり、現在の過払い金の請求先が複雑になっているといえます。

とはいえ、専門家に調査をしてもらえば請求先がわからないということはまずないので、安心して過払い請求へと臨みましょう。

株式会社アプラスの今後について

株式会社アプラスは、新生銀行グループに属していますので、資金面での不安はあまりないようです。

また、オートローンなどの業務も勢力的に行っていますので、即座に倒産といった懸念はほとんどなさそうです。

ただし、過払い請求という側面だけを見れば、そこまで良い対応とは言えませんし、今後も良くなることは考えにくいため、過払い請求をするのであれば早いに越したことはありません。

TSUTAYAのWカードについて

アプラスのカードを持っている人は少ないと思われがちですが、実はTSUTAYAのWカードはアプラスのクレジットカードです。

アプラス会員の半数以上を占めているTSUTAYAのWカードですが、キャッシングの貸付利率は実質年利29.16%だった時代もあり、もしもこのカードを使ってキャッシングしていたとしたら、過払い金が発生している可能性があります。

アプラスと関係のある貸金業者について

ソニーファイナンスの過払い請求情報 最新版
株式会社ソニーファイナンスインターナショナルは、2012年に株式会社アプラスインベストメントへと事業譲渡しています。

新生カード(CG/GEカード)の過払い請求情報 最新版
新生カード株式会社は株式会社アプラスと合併し、アプラス新生カード管理部として業務を行っています。

アプラスが倒産する前に、過払い金請求をしよう

tousan tousan_kabarai kabarainara shinjyuku gosoudankudasai contact_btn_off

(上のボタンをクリックすると、お問い合わせフォームへ移動します。)

URLのコピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る