アメリカンエキスプレス(アメックス)の過払い請求情報 最新版

アメリカンエキスプレスでキャッシング経験のある全ての方へ

アメックスは、過去に29.2%を超える金利での貸付をしていたこともあり、過払い金が発生している可能性が十分にあります。

特に平成18年(2006年)以前から、キャッシングをしたことのある方は、今すぐ過払い金があるかチェックしてみてください!

10秒でわかる過払い計算機はこちら

kansai_check

2016年版アメリカン・エキスプレスの過払い対応

amex

アメリカン・エキスプレスは、本店をアメリカに置く外国会社で、日本支店の正式名称をアメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドとしています(以下、アメックス)。

現在、アメックスの過払い金への対応は、かなり良いと言えるでしょう。任意交渉の段階であっても、交渉次第では過払い元金に利息を付した金額を返還してくれることもあるようです。

過払い金の利息とは?

しかし、非常に対応が遅いことと、素人目にはわかりづらい大量の取引履歴を送付してくることでも有名です。というのも、1回の取引(入金と出金)がA4の紙1枚にそれぞれ記載されているため、時系列がわかりづらく、かつ、大量にA4用紙が送られてきます。
取引履歴を見ているだけで過払い計算を諦めてしまったという方も多いのではないでしょうか。

こういった場合は、個人での計算は諦めても、必ず専門家に依頼をし、過払い金の計算をしてもらってください。
専門家であれば、どういった取引履歴であっても正確な金額を算出してくれるため、安心して任せることができます。

過去と現時点の金利比較

アメックスは、一時は29.2%を超える金利での貸し付けをしていたこともあり、過払い金が発生している可能性は十分にあると言えるでしょう。

特に、平成18年より以前からアメックスとの取引があったという方は、必ず過払い金の計算をしてみてください。

ただし、現在はアメックスも上限金利を超える貸付けを行ってはいませんので、比較的取引が新しいという方は、過払い金が発生していない可能性が高いです。

過去から現在までの簡単な経緯

アメックスの日本支社は、まだ戦時中だった大正6年に、アメリカ人旅行者に対する日本でのサービス拠点として開設されたのがきっかけとなっています。

その後、日本とアメリカの開戦に併せて一時撤退、大戦終結後の昭和29年に改めて日本支社が設立されました。
また、昭和49年に日本で初めてとなるクレジットカードを発行したことでも有名です。

アメックスは、長い歴史と共に、日本の消費者にも根付き、現在においても数多くの利用者がいます。

アメリカン・エキスプレスの今後について

アメックスは、平成19年以降、世界的な不況の煽りと数多くの貸し倒れを受け、日本国内におけるサービスを縮小し、人員を削減傾向にあります。
過払い請求を見込んでいる方は、少しでも早く請求した方が無難と言えるでしょう。とはいえ、アメックスは世界140カ国に支社を誇る大企業なので、今後もそう簡単に日本支社が撤退になることもないと予想されます。

tousan tousan_kabarai contact_btn_off
URLのコピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る